iPad Pro 9.7シルバーの整備済製品とApple Pencilを購入

iPad ProとApple Pencil レビュー

前回の記事で書いたとおり、2in1的なタブレットはSurface Pro4を既に活用していますが、主に奥さんのほうが使うタブレットとしてもっと軽量かつ手軽に使いやすい機種を検討していたところ、Appleの整備済製品に9.7インチのiPad Proが並んでいたので購入してみました。

iPad Proの整備済製品パッケース

容量は32GB、色はシルバーです。量販店などで買うより10,000円ほど安価だったので、浮いたぶんでApple Pencilも揃えてみました。

スポンサーリンク

Apple整備済製品

Appleの整備済製品については既にご存じの方がほとんどだとは思いますが、何らかの問題で返品された製品等を、Appleが整備・外装を新しくして公式サイトで販売している製品のことです。

Apple製品は量販店等でも値引きやポイント付与がほとんど無いので、iPadやMacを安価に購入したいときには整備済製品を狙うと掘り出し物に出会えたりします。

整備済製品

保証も1年付いてきますので、違うところといえばパッケージが簡素なもの(とはいえApple製品なのでそれでもしっかりしていますが)という点くらいでしょうか。

iPad Pro 9.7インチ

iPad Pro 9.7インチ シルバー

奥さんが使用中のタブレット端末は他にAndroidの古い8インチがありますが、メモリ1GBで非力なCPUだからか、購入当初からかなり動作が重く不安定でした。

今回はその点、iPad Proなので処理性能的な問題もなさそうですし、iPhoneで使い慣れたiOSであること、また画面も9.7インチあることなどから、相当に使い勝手が良くなるのではないかと思います。

背面カメラ部分が飛び出しているのは、最近のAppleモバイル端末だとお決まりの感がありますね。背面が直接に机と擦れにくいから、まあいいのかな。

iPad Pro背面のカメラ

Apple Pencil

タブレットにペンで手書きできる利便性については、Surface Pro4で強く実感しています。また主に使用する奥さんのほうがイラストを描いたりで使う可能性が高いので、iPad Proにもペンを早期に導入してみました。

Apple Pencil

Apple Pencilの箱の中身です。ケーブル接続用アダプターと、取り替え用の予備のペン先が入っていました。この細いペン1本が1万円以上します。無くしたらショック大きそう……。

Apple Pencilと付属品

iPad Pro 9.7インチ本体と並べると、こんな感じ。

iPad ProとApple Pencil

キャップを外すと、iPad Proのライトニングコネクタに接続できる端子があります。

Apple Pencilのキャップ

接続するとペアリングするかの通知が表示されます。このまま充電できるようですが、接続されている部分が極小なので、かなり心許ないというか不安感が。ケーブル経由で充電するほうが無難かな。

Apple Pencilの充電

Surface Pro4のペンと比較すると、Surfaceペンのほうは多少ウェットというかしっとりした書き味なのに対して、Apple Pencilのほうはかなりスルスルで液晶の上を滑る感覚。

SurfaceペンとApple Pencil

あとSurfaceペンのほうはひっくり返すと消しゴム用途に使えるので、Apple Pencilに慣れない私は誤って反対側で擦ってしまいそう。

Apple Pencil

iPad Proでイラストの下絵などを描いて、PCと連携させてAiやPsで加工する用途がメインになると思いますが、まだそのあたり、どんなアプリで対応するかなど未検討の段階です。

↓後日、自分用にもiPad Proの10.5インチを購入しました。

iPad Pro 10.5インチの整備済製品を購入
じょな どうも、じょなです。 1年ほど前に奥さん(ぷかぷか)が使うためのタブレットとして、iPad Pro 9.7インチの整備済製品を購入しました。 それをちょっと使わせてもらったりしているうち...