iPhone7のApple PayにクレジットカードとSuicaを設定して使ってみた

クレジットカード

先日機種変更したiPhone7 PlusがApple Payに対応しているので、iPhoneへのApple PayとSuicaの導入を行って実際に使ってみました。

Apple Payへのクレジットカードの登録

iPhoneへクレジットカードを登録するのはWalletアプリから。

画面右上の「+」ボタンでSuicaやクレジットカード登録画面へ。

Walletへのクレジットカードの登録

次の画面で、Suicaを登録するのかクレジット・プリペイドカードを登録するのかを選択。

クレジットカードの場合はカメラが起動して読み込み画面になるので、画面の枠内にクレジットカードが収まるように調整すると自動的にカード番号や有効期限、氏名などが読み取られます。反射などで読み取れなかった場合は、その情報のみ追加で打ち込むことになります。

手持ちのクレジットカードがApple Payに対応しているかいないか、Appleなどが公開している一覧で確認するのではなく、このカード追加欄で読み込んでしまうのも手です。手持ちのカード何枚か確認してみましたが、追加できないカードはこの段階で拒絶されるので分かります。

カードを登録する際の認証は各クレジットカードによって多少異なるようですが、今回はSMSでの認証を選択。

クレジットカードによって、iDとして認識されるものとQUICPayとして認識されるものが決まっています。JCBカードはQUICPayとして認識され、画面内カードにマークが表示されます。

横浜バンクカードはiDとして認識され、国際ブランドの配置あたりにiDマークが表示されました。

これでiPhoneの中にQUICPayとiD、両方のカードが登録されました。

ちなみに、Apple Pay開始当初は「VISAのカードは対応していない」という情報で混乱したのですが、国際ブランドがVISAでもApple Pay対応がアナウンスされているクレジットカードなら、問題なくApple Pay用に登録することができます。たとえば上記の横浜バンクカードは国際ブランドがVISAのものですが、横浜バンクカード自体がApple Payに対応しているため、iDとして登録・利用が可能です。

もう一点、iPhoneを用いてApple PayとしてQUICPayやiDを利用するだけなら、各クレジットカードでQUICPayやiDの契約をしていなくても(クレジットカード自体にQUICPayやiDの機能が搭載されていなくても)問題ありません。このあたりもちょっと分かりにくいところですね。

ただし、Walletアプリ内でのSuicaチャージは、現状、国際ブランドがVISAのカードではできないようです。(VISAブランドのカードでチャージするには、別途Suicaアプリを導入してそちらでカードを設定する)

Apple PayへのSuicaの登録

Apple PayへSuicaを登録する方法はいくつかありますが、手元にSuicaのカードがある場合はそれをiPhoneで読み込んでしまうのが楽です。

画面指示のとおりにiPhoneをSuicaに重ねれば、カード内に残っている残高だけでなく、デポジットの500円も残高として取り込まれます。

最初に取り込んだSuicaは、自動的にエクスプレスカードとして登録されるようです。

エクスプレスカードとして登録されたSuicaはTouch IDを使わずとも利用できるため、iPhoneを起動させずとも電源さえ入っていれば、改札にかざすだけでSuicaとして使えます。エクスプレスカードの変更は、iPhoneの設定から変更が可能です。

既に触れましたが、SuicaへのチャージはWallet経由ならApple Pay対応のクレジットカードのみ可能なので、対応していないVISA系のクレジットカードからチャージする場合は、Suicaアプリ経由で行うことになります。

VIEWカードを利用したオートチャージも今のところWalletでは設定できないので、設定するならSuicaアプリから。このあたり、便利なんだか面倒なんだか、まだシステムとしてこなれていない印象です。

iPhoneのみでSuicaの発行、チャージ、利用が可能

SuicaアプリからはSuicaを新規に作成することもできるので、作成からチャージ、利用までiPhone1台で行えるのはなんだかんだ言いつつやはり便利です。しかも複数枚登録することも可能なので、会社用、私用など複数枚を使い分ける運用も可能です。

とはいえ、とはいえ。エクスプレスカードへの切り替えは「設定」画面からしか行えず、ウォレットから気軽に切り替えることができません。また、記名式Suicaだとそれぞれが「My Suica」とだけ表示されるので、すぐにどのカードなのか判断できません。手がかりはカード残額になりますが、同じような金額だとこの画面からだけではなんとも判別が難しい。

これから急ぎ改札を通過して電車に乗る!というとき、この切り替え方法は結構もたつきます。複数枚のSuicaの使い分けでは、いまから使うSuicaをサクサク切り替えたいところですが・・・現状では難しそうです。

現時点でのApple Payの感想

まだApple Payを使い始めて日が浅いですが、iPhoneでSuicaが(ようやく)普通に使えるようになった点は、まず便利になったなと思います。そしてiDやQUICPayとしてのApple Payですが、今のところ「これは便利!」という域にまでは達していません。

というのは、たとえば少額決済の買い物の際、荷物が多くて財布を取り出すのが面倒なとき「ここはApple Payの出番!」と思っても、その店舗は残念ながらApple Pay(というかQUICPayやiD)非対応で、結局財布を取り出して決済することも多いです。

また、コンビニなどで気軽に買い物をするときこそ、スマートフォンで支払ができるApple Payは活用しがいがありそうなのですが、コンビニで店員さんが商品を袋に詰めている間にクレジットカードを用意しておくほうが、そのままカードを渡して決済がスムーズに完了して手間がないような気もします。コンビニは少額決済が大半なので、クレジットカード利用でもサインを求められることは稀ですし。

袋詰めを待ってからわざわざ「QUICPayで!」あるいは「iDで!」と伝え、ダブルクリックでメインカードのTouch IDを有効にしつつ端末に置くのは、そのほうがセキュリティ上は優れているとはわかっても一手間多い印象も。(スリープのままホームキーに指を乗せて端末へかざすとダブルクリックなくメインカードで決済可能のようですが、不慣れだからもあるのかうまく機能せず)

iPhoneを使うにしても、いっそエクスプレスカードとして設定したSuica1枚に集約して、Touch IDを省略したほうが楽かも、とも思えてきたり。

ほかには、コンビニごとに電子マネー用端末の形状が異なるため、iPhoneをどの角度で置けばうまく認識してくれるのか、慣れるまで戸惑うため現金払いより時間がかかってしまうこともありました。

とはいえ、このへんは使う側の慣れもあると思いますし、今後Apple Payが認知・普及していく流れの中で、不便なシーンも少なくなっていくのでしょう。

Apple Payに関してはせっかく広がったキャッシュレス環境ですし、これからより頻度を上げて活用していく予定です。