公共料金をクレジットカード払いに変更して手間を削減する

クレジットカード

毎月発生する電気、ガス、水道などの公共料金を、払込票持参の上で銀行窓口から支払うのは面倒です。

口座振替にしてしまうのも手ですが、すべて同じクレジットカードを通した引落に設定することで、公共料金ぜんぶひっくるめて同じ日に引き落とされるので把握しやすくなります。また、クレジットカードのポイント分もお得になりますね。

スポンサーリンク

公共料金をクレジットカード払いにする

住んでいる場所・環境によって、契約する会社が異なる可能性があるため、クレジットカード払いの設定方法もまた違ってくることがありますが、東京電力、東京ガス、横浜市水道局を利用している私の場合、クレジットカード払いへの変更手続きは以下のようになります。

東京電力

電気料金をクレジットカード払いにする手順は、インターネットから利用したいクレジットカードを申告するのみです。(郵送による方法もあり)

クレジットカード支払いの(新規・変更)お申し込み手続き|お支払の変更|東京電力エナジーパートナー株式会社
電気料金のクレジットカード支払いのお申込みのご紹介です。お申込みは東京電力エナジーパートナー株式会社へ

大抵のクレジットカードに対応していますし、切り替えの手続きも比較的早いようです。

東京ガス

東京ガスもクレジットカード払いへ切り替える手順はほぼ同じ、インターネットから申告するのみです。(こちらも郵送等でも可能)

東京ガス : ガス料金/クレジットカード払いのお申し込み
東京ガスの個人(ご家庭)のお客さまホームページ クレジットカード払いのお申し込みのページです。

横浜市水道局

横浜市水道局の場合、インターネットで申し込めた東京電力や東京ガスと異なり、クレジットカード払いへ切り替えるには申込書への記入と返送が原則のようです。

クレジットカード払い

詳細は上記リンク先(横浜市水道局ホームページ)にありますが、「取扱カード会社」として掲載されている一定のクレジットカードの場合は、そのクレジットカード会社経由で申込書を郵送してもらったり、場合によってはクレジットカードのオンラインサービスを通して公共料金の申込みを行う流れになります。

上記ホームページにマークが掲載されていないクレジットカードでも、

JCB、MasterCard、VISA、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブのロゴがあればご利用いただけますが、(中略)水道局お客さまサービスセンターにご連絡ください。ご連絡いただいたお客さまには各カード会社共通申込書を送付させていただきます。

など注意書き部分にあるように、水道局のお客さまサービスセンターへ連絡の上、共通申込書を発行してもらうことでクレジットカード払いに切り替えることができます。

それほど面倒ということでもないのですが、新しいクレジットカードを作ったときなどに、気軽に切り替えられないデメリットはありそう。

東京都水道局

東京都水道局の場合はこちらです。

水道料金・下水道料金のお支払い方法 | 手続き・料金 | 東京都水道局
東京都水道局の公式ホームページです。東京都の水道に関する手続きや料金、東京都水道局の事業や取組、事業者の方向けの情報などをご紹介しています。

口座振り替えのほうが得する場合も

公共料金をクレジットカード払いにするほうが、利用するカードのポイントが貯まるぶんだけ銀行窓口での支払よりお得になります。が、公共料金を口座振替にすると数十円の割引が適用されることが多く、「とにかく節約したい」という場合にはこちらのほうがお得なこともありえます。

たとえば東京ガスの口座振替割引は(この記事を公開した時点では)54円の定額割引ですから、毎月のガス料金から発生するクレジットカードのポイント(これは還元率によって異なります)と比較した場合、ガス料金が低額で済むほど口座振替のほうがお得な可能性が高くなります。

この点は、節約重視なら考慮しつつ公共料金の支払方法を選択するほうが良さそうですね。

タイトルとURLをコピーしました