プロ野球を観ながらの食事も楽しめるTHE BAYS一階のブールヴァードカフェ&9(アンドナイン)

THE BAYSの入口 横浜の観光情報

横浜公園横に位置する旧関東財務局横浜財務事務所を活用した、『横浜スポーツタウン構想』の中核施設であるTHE BAYS。昼に来ても夜に来ても、とても絵になる建物ですが、この1階にあるカフェがブールバードカフェ アンドナイン (Boulevard Cafe &9) です。

夜のTHE BAYS

所在地 神奈川県横浜市中区日本大通34
営業時間 11:30~23:00(不定休)
ナイター開催日 11:30~23:00
デーゲーム開催日 10:00~23:00
最寄駅 みなとみらい線「日本大通り駅」2番出口より徒歩4分
JR京浜東北・根岸線「関内駅」南口より徒歩7分
横浜市営地下鉄ブルーライン「関内駅」1番出口より徒歩7分
公式サイト http://www.baystars.co.jp/thebays/floor1/

&9(アンドナイン)

今回の写真はまさに、すぐそばの横浜スタジアムでプロ野球の試合が開催されている時間帯のものです。

THE BAYS

場所がら、もっとベイスターズファンが集まっていてもおかしくはない気もしますが、まだそれほど知られていないこともあるのか、待ち時間なくスムーズに入店可能なことが多いです。(さすがにスタジアム開園前の時間帯などは混雑していますが)

横浜公園内のスタジアム横に設けられたハマスタBAYビアガーデンのほうが、よりスタジアムに近く臨場感もあり、また多人数で盛り上がれることから、試合の時間帯はそちらを利用するファンが多いのが理由なのでしょうか。

ハマスタBAYビアガーデンで球団オリジナル醸造ビールを堪能しつつのパブリックビューイング
今日のベイスターズは東京ドームで巨人戦ですが、横浜スタジアム前のハマスタBAYビアガーデンのパブリックビューイングも文字通り熱く(暑く)盛り上がっていますよ。(リアルタイムでの記事更新です) 真夏のデイゲームでのパブリックビュ...

THE BAYSの入口

+B(プラスビー)を覗いた後に&9(アンドナイン)で一息

THE BAYSの入口です。写真には写っていませんが、向かって右手前が+B(プラスビー)という野球に関連したオシャレなグッズショップの入口、右手奥が&9(アンドナイン)の入口です。

+Bでショッピングを楽しんだ後、そのまま隣の&9で一息入れるというプランは、ベイスターズファンじゃなくても横浜観光として楽しめるはずです。

ところで野球好きならすぐピンとくると思いますが、&9という店舗名は「横浜という魅力的な街に野球チームを意味するナインを加える」という意味が込められているそうです。

THE BAYSの入口

THE BAYS入ってすぐの場所も、&9のテーブル・椅子が並べられています。横浜スタジアムでのベイスターズ開催試合は、このスクリーンでも試合が流れています。

&9(アンドナイン)

こちらは店内奥です。やはり大型スクリーンでベイスターズの試合が放映されているので、食事を取りながら、一杯飲みながら、穏やかな気分で観戦できます。(穏やかなまま滞在できるかどうかは試合展開によるかな)

&9(アンドナイン)でプロ野球観戦

お昼は店内に日が差し込み爽やかな雰囲気

今回はナイトゲームの時間帯ですが、デイゲームの時間帯も、窓から差し込む光が明るく、街路樹の緑も窓のすぐ側に迫っているため、とても居心地が良いお店です。それもあってか、お昼は女性客の比率が高めです。

&9(アンドナイン)でプロ野球観戦

下は昼の時間帯に撮った、&9のレギュラーメニューであるミートボールです。飲み物は横浜スタジアム内で飲めるベイスターズエールやベイスターズラガーもあります。

ほかに、数量限定ですがベイスターズの選手が生活している青星寮オリジナルのカレーやハヤシライスなども提供されています。

横浜散策の途中にランチで寄るのもオススメ

以上、今回はTHE BAYS1階にあるプロ野球放映を観ながら食事が楽しめるカフェ、&9でした。場所が横浜公園横、日本大通り沿いなので、桜木町方面から山下公園へ抜ける(あるいはその逆を歩く)途中で、ランチを取るのにもちょうどよい場所なので、横浜散策途中での利用もオススメです。