横浜開港資料館の隠れ家的なカフェ「オージャルダンドゥペリー」

オージャルダンドゥペリー 横浜の観光情報

「オージャルダンドゥペリー」(Au jardin de Perry)は、横浜開港資料館の敷地内にある隠れ家的なカフェです。

横浜開港資料館の敷地内は無料で入ることができますが、場所が場所だけに、このカフェに行こう!と思って来ないと、近くを通ってもなかなか気付かないかもしれません。

スポンサーリンク

オージャルダンドゥペリーへのアクセス

写真は北側(海側、スカンディヤ側)の資料館入り口ですが、カフェはこちら側や日本大通り側から入るのではなく、東南側(開港記念広場側、シルク博物館側)から入るとすぐ脇にあります。

横浜開港資料館

ランチだけでなく、モーニングの時間帯も営業しているのが特徴ですね。

所在地 横浜市中区日本大通3
営業時間 平日:8:00~17:00(L.O.16:30)
※月曜定休、祝日営業の翌日休
土日祝:8:00~18:00 (L.O.17:30)
最寄駅 みなとみらい線 日本大通り駅 徒歩2分
JR・ブルーライン関内駅 徒歩約15分

開港資料館の敷地内にある平屋のカフェ

建物は開港資料館の敷地内、平屋の小さな建物が瀟洒な雰囲気です。晴れの日にオープンテラスでゆっくりするのも心地良いですが、雨の日に店内から窓の景色を眺めるのもいい感じで、天候問わずです。

オージャルダンドゥペリー

この建物、元は英国総領事館の門番所だったとか。

オージャルダンドゥペリー

各窓からは、ギラギラせず穏やかな光が店内に差し込みます。

オージャルダンドゥペリー

ランチはキッシュやサンドイッチ、ランチプレートなど

ランチはキッシュやサンドイッチの他、ランチプレートもあります。写真はサンドイッチのセットですが、880円でドリンク(紅茶かコーヒー)まで付いてくるので、ごく一般的なパンなのかなと思いきや、ライ麦のパンで風味良く美味しいです。

こちらはベーグルサンドイッチ。食感はもちもちではなくサクサクです。

日本大通り付近でモーニングか軽めのランチの予定を入れるなら、オージャルダンドゥペリーはとてもオススメのカフェです。

さて、何度か店名を書きましたが、覚えられましたか?フランス語で「ペリーの庭」という意味だそうですが、私は未だに覚えられません(笑)