空と地下でお得なソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の特徴

クレジットカード

ANA To Me CARD PASMO JCBカードはANAカードでありPASMOであり定期券機能もあり、そしてJCBのクレジットカードでもあるという、1枚でいろいろ便利だけどちょっとややこしいカードの1つです。

ANA To Me CARD PASMO JCB、名前が長くて覚えられませんよね。通称ソラチカカードと呼ばれていて、「空」のANAマイルと「地下」のメトロポイントを中心に、お得に使える特徴があります。

空と地下が便利になるカード「ソラチカカード」

このカードはANAマイルとメトロポイントを貯めながらショッピング等にも利用するクレジットカードなので、メトロポイントと関係のある東京メトロに乗降するエリアでメリットが大きいです。

が、その前に「ソラ」の部分であるANAマイルから先に触れたいと思います。

JCBソラチカカード

空はANAマイル

まずソラチカカードの年会費ですが、初年度は無料で翌年から2,000円+税の年会費が発生します。

年会費:2,000円+税(初年度無料)

ただし現状、ボーナスとして利用継続時に1,000マイルが付与されるので、マイルを貯める面だけ見れば年会費はあってもないようなものといえます。

次にショッピングによるポイント還元について。このカードを利用すると、JCBのポイントサービスであるOkiDokiポイントが1.000円につき1ポイント貯まり、このOkiDokiポイントを1ポイントあたり5マイルに交換できます(5マイルコースの場合)。

括弧書きで「5マイルコースの場合」と書きましたが、このカードは他にOkiDokiポイント1ポイントあたり10マイルに交換可能な「10マイルコース」というコースもあります。こちらのほうが交換率は高いのですが、交換する際に5,000円+税が発生してしまうため、このソラチカカードをメインカードとしてヘビーに活用するのでない限りは、10マイルコースの利用で逆に損する可能性も出てきます。

移行レート コスト
5マイルコース 1ポイント=5マイル なし
10マイルコース 1ポイント=10マイル 5,000円+税
(1交換あたり)

あまり頻繁にポイントをマイルへ移行する人も稀だと思いますので、仮に1年に1回マイル移行するとしたら、年会費2,000円+税の他にマイル移行手数料5,000円+税、合計7,000円+税がかかることになります。

これだけの金額を払ってANAマイルを本気で貯めていくなら、最初からANAビザワイドゴールドを発行してしまうほうが、フライトボーナス(ソラチカだと10%なのに対して、ANA VISAワイドゴールドだと25%)や旅行保険の差を考えてもお得です。

マイルを貯めやすいカードの筆頭格「ANA VISA(マスター)ワイドゴールドカード」
ANA VISAワイドゴールドカードは、普段の買い物等に利用することでANAマイルを貯めるクレジットカードとして、まず筆頭に挙がることの多いカードです。 今回はANAの一般カードとも比較しつつ、「マイルを貯めやすい」理由を中心に、この...

このマイル移行のコースについては、ソラチカカードを申し込む時点で、どれを選んでおけばよいか迷われるかもしれません。

この部分ですね。ソラチカカードをメインのクレジットカードと据えて年間100万円近くショッピング等で利用するなら、デフォルトで選択されている「マルチポイントコース(10マイル)」でよいと思いますが、そうでなければ「マルチポイントコース(5マイル)」で利用するのが無難です。

ちなみに「自動移行コース」はポイントを自動的にマイルへ移行してくれるので楽ですが、一度マイルに移行してしまうとマイルの利用期限が発生してしまいますから、できるだけOkiDokiポイントのまま貯めつつ、自分でタイミングを見計らってマイルへ移行するのがオススメです。

地下はメトロポイント

ソラチカカードの「地下」のほうは、東京メトロの利用でメトロポイントが平日1乗車あたり5ポイント、土日祝は1乗車あたり15ポイント貯まります。(事前にウェブからメトロポイントPlusへの登録が必要)

また、定期券売り場や多機能券売機で東京メトロの定期券を購入すると、JCBのOkiDokiポイントに加えて1,000円につき5ポイントのメトロポイントが貯まります。

東京メトロ

ソラチカカード自体に定期券を搭載できる

乗車でポイントが貯まり、定期券の購入でもポイントが貯まるため、東京メトロ沿線の人はメトロポイントを貯めやすい仕組みになっています。

そしてこのソラチカカードは、クレジットカード裏面が定期券を兼ねる作りになっていて、このカード自体に東京メトロの定期券を搭載することが可能です。

定期券は定期券だけで気軽に携帯したいという人もいるかもしれませんが、お財布やカードケースが様々なカードでいっぱいになっている人にとっては、ソラチカカードはクレジットカードと定期券を一体化できるので楽です。

逆にいえば、PASMO・定期券として使っていてどこかで紛失してしまうと、同時にクレジットカードも紛失してしまうことになってしまうのがデメリットといえるかもしれません。

メトロポイントはANAマイルへ交換可能

貯めたメトロポイントは、ANAマイルへ移行することができます(逆も可能)。そしてメトロポイントからANAマイルへの交換レートが、実はこのソラチカカード最大の特徴となっているといっても過言ではありません。

100メトロポイント=90ANAマイル

PASMOのオートチャージに対応

さらに首都圏での移動に便利なのが、PASMOが搭載されているだけでなく、駅改札でのオートチャージにも対応しているという点です。

PASMO残額が一定以下になったら、ソラチカカードから何円分PASMOへチャージされるという設定は、駅の多機能券売機で額の変更ができます。ちなみに初期状態(カード発行直後)では、残額が2,000円以下になると3,000円がチャージされる設定になっています。

オートチャージの設定額の変更

このオートチャージは東京メトロ各駅の自動改札だけでなく、PASMOエリア、Suicaエリアの自動改札でもチャージ可能なので、東京メトロ沿線ではなくともPASMOやSuicaが利用可能な首都圏近郊で交通機関をよく利用する場合にも便利です。

オートチャージでもJCBのOkiDokiポイントが貯まりますから、このカード搭載のPASMOには現金ではなく、できるだけオートチャージ経由でチャージしておくほうがお得です。

もっとも、オートチャージは交通機関利用自の自動改札通過がチャージのタイミングなので、しばらく交通機関を利用しない状況が続くと残額が減ってしまいます。

クイックチャージ

その際は、これはまだ対応する鉄道会社・券売機がそれほど多くありませんが、駅の多機能券売機で「クイックチャージ」機能を使って、このカード自体(JCBカードとして)からカード搭載PASMOへチャージすることも可能です。これなら現金チャージと異なり、OkiDokiポイントも貯まります。

このクイックチャージがもっと様々な場所で可能になれば、交通系ICカードとしてより便利に使えそうなのですが・・・今のところはまだこれからといった状況です。

交通系ICカード搭載でランチやちょっとした買い物に便利

そしてPASMOが搭載されていることによって、ソラチカカードはランチやちょっとした買い物にも便利に使えるカードです。

ランチ、まだまだクレジットカードや交通系以外の電子マネーには対応していないお店・チェーン店が多くて、結局は現金払いになってしまいがち。

しかし、PASMOやSuicaなどの交通系電子マネーだけは対応しているお店も多いので、少額決済の際にソラチカカードを利用すると、手間なく支払が完了します。またオートチャージ機能でチャージしたPASMO残額を利用するなら、チャージの際にポイントが付与されるので、そのぶんお得にもなります。

Apple PayではQUIC Payとして利用可能

ソラチカカードはiPhone等のApple PayではQUICPayとして利用可能です。こちらもOkiDokiポイントの対象なので、コンビニなどQUICPayの利用が可能な店舗では、クレジットカードをわざわざ取り出さなくても済むぶんApple Payでの決済が便利かも。

Apple PayではQUIC Payとして認識されるソラチカカード

以上、今回はソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の特徴でした。交通系ICカード・定期券として利用しながら、ショッピングではANAマイルも貯められるという便利なカードですが、逆にいえば様々な機能が一体化されているため、わかりにくく適当に使っていると大してお得でなくなってしまう可能性もあるカードと言えるかもしれません。

公式サイト:ソラチカカード