昼の横浜ランドマークタワーのスカイガーデンから眺める秋の風景

横浜ランドマークタワー 横浜の観光情報

いまや名称のとおり、すっかり横浜のランドマークとなった横浜ランドマークタワー。湿気が少なくなり、遠くまで見渡せる日が多くなる秋から冬にかけては、展望フロアからのんびり昼の横浜の風景を楽しめます。

ランドマークタワー、スカイガーデン入口

スカイガーデン(横浜ランドマークタワー)へのアクセス

所在地  神奈川県横浜市西区みなとみらい2-1-1
最寄駅 JR・ブルーライン桜木町駅 徒歩約5分
みなとみらい線 みなとみらい駅 徒歩約3分
営業時間 10:00から21:00(土曜日と夏休み等の特別期間は22:00まで)
※入場は閉館30分前
公式サイト(展望フロア) http://www.yokohama-landmark.jp/page/

スカイガーデンの入場料

横浜ランドマークタワーの展望フロアは、69階にあるスカイガーデンです。2階で入場券を購入して、日本最高速のエレベーターでスカイガーデンへ向かいます。

大人 65歳以上・高校生 小・中学生 幼児(満4歳以上)
1,000 800 500 200

通常料金は上のとおりですが、入場料にはいくつかの割引方法があります。観光で寄るなら、次のいずれかの割引が活用しやすいと思います。

みなとぶらりチケット

横浜観光に市営地下鉄(ブルーライン)やバス(あかいくつ)を利用するなら、みなとぶらりチケットを購入すればこのチケットでスカイガーデンの入場料が700円に割り引きされます。桜木町以外も回るなら、このチケットが便利です。

新横浜拠点の横浜観光なら一日乗車券「みなとぶらりチケットワイド」がお得で便利
指定地域内の市営地下鉄(ブルーライン)と市営バスが1日乗り放題となる「みなとぶらりチケット」は、横浜の観光エリアが広くカバーされているため、観光スポットを順々に散策するときにお得かつ便利な1日乗車券です。 この「みなとぶらりチ...

JTBの割引入場券

パソコンやスマートフォンからチケットを購入できる環境があれば、JTBの前売り券が楽です。

現地観光プラン・レジャーチケット・定期観光バス|横浜ランドマークタワー スカイガーデン展望フロア割引入場券(ネット)※予約指定利用日から10日間有効
神奈川県で展望台・ロープウェーの観光予約はJTB。旅行先での日帰り観光を探すなら、JTBの現地観光プラン・レジャーチケットで1,500以上の観光プラン・体験からレジャーを予約できます。横浜ランドマークタワー スカイガーデン展望フロア割引入場券(ネット)※予約指定利用日から10日間有効を今すぐ申込み!
スポンサーリンク

日本最速のエレベーターで展望フロアへ

エレベーターは横浜ランドマークタワータワー開業当初は世界最速、現在でも日本最速の最高分速750mの速さです。とはいえスカイガーデン到着までには40秒ほどしかないので、体感する間もなく、あっという間に到着してしまいます。

揺れや上昇直後・停止直前の体重変化などもほとんど感じられず、ドアが開いたらそこは69階だった、みたいな感覚です。さすがに耳はツーンとしますけどね。

エレベーター乗り場

その最速のエレベーターから降りると、正面にパッと横浜の港の風景が全面展開します。ここが一番「おおッ!」と思えるかな?(笑)

スカイガーデン

この日は比較的快晴でしたが、それでも少しもやがかかっていますね。とはいえ、写真はぼやけてますが、かなり視界はクリアです。

スカイガーデンからの眺め

よこはまコスモワールドや、その先のワールドポーターズも一望できます。

よこはまコスモワールド

こちらは東京方面の風景。窓の上に案内板が掲示されているので、どの建物が何なのかはだいたい把握できます。

東京方面の景色

みなとみらいエリアは、こんな感じ。このあたりは、まだまだ空き地が多いですね。全部埋まったら、どんな街に変貌するのでしょうか。

みなとみらい

横浜駅付近の風景。

横浜駅付近

これは西側に広がる住宅街。この方向には展望フロア内にスカイカフェというカフェがあるので、ちょっとしたデザートやドリンクを購入して、ソファーで景色を眺めながら楽しむこともできます。(夜のほうが雰囲気あるかもしれません)

住宅街

西の方向に、辛うじて富士山が見えます。もし新幹線で横浜へ観光に来るなら、新横浜駅付近から富士山がくっきり見えるかを確認して、もしクリアならすぐ横浜ランドマークタワーに向かうと良さそう。富士山が見えるなら、かなりの距離まで景色が楽しめますから。

富士山

こちらは南東側、横浜スタジアムやその先の東京湾が臨める方向です。

横浜スタジアム

2017年の日本シリーズは、横浜スタジアムが盛り上がりましたね!このオフから観客動員数を増やすためにスタジアムの改修が始まるようなので、この円いかたちの横浜スタジアムも、そろそろ見納めかもしれません。

ランドマークタワーから臨む横浜スタジアム

横浜ランドマークタワーからは、横浜スタジアムと「筒香ビル」を同時に楽しむこともできます(^0^)

筒香ビルと横浜スタジアム

もっと手前には、桜木町駅や汽車道などが見下ろせます。工事中なのは、横浜市庁舎や大型住居ビルの予定地ですね。

桜木町駅付近

【横浜散策】汽車道は海上にかかる橋を歩く開放感のあるプロムナード
汽車道は、桜木町駅前から横浜ワールドポーターズやナビオス横浜を通って、新港地区の赤レンガ倉庫方面へと続くプロムナードです。 観光地への通り道としても利用できること、また横浜みなとみらいの風景を楽しみながら、あたかも海上にかかる橋を歩い...

南東方向は赤レンガ倉庫、大桟橋、そしてその先にベイブリッジが見えます。

大桟橋とベイブリッジ

【横浜散策】横浜の港の風景が大パノラマで広がる大さん橋の「くじらのせなか」
赤レンガ倉庫と山下公園の間で、横浜港にドーンとせり出して存在感を放つ大桟橋(おおさんばし)。客船の発着ターミナルであると同時に、その上部は横浜港を一望できる公園(くじらのせなか)になっていることから、超定番の観光スポットとなっています。 ...

そして真下に見えるのは、帆船日本丸ですね。

帆船日本丸

【横浜散策】帆船日本丸の帆がすべて広げられる総帆展帆(そうはんてんぱん)
1984年まで船員養成用の練習帆船として活躍していた日本丸は、現在横浜市のドックで一般公開されています。今日(8月20日)は帆船日本丸の帆が全て広げられる「総帆展帆」(そうはんてんぱん)の日だったので、日本丸の見学に行ってきました。 ...

スカイガーデン内には土産物屋(タワーショップ)もあります。タワーウォーター、単なる水なのに結構お高いですが、ボトルの形がランドマークタワーなので、インテリアにいいのかも。

タワーショップ

この日は横浜ランドマークタワーと関係ありませんが、横濱シルクアーモンドを買って美味しく頂きました。このお菓子は私の自宅最寄り駅付近でも販売されてるんですけどね(^0^;)。

横濱シルクアーモンド

以上、横浜ランドマークタワーの展望フロア、スカイガーデンからの秋の風景でした。こればっかりは、写真で見るより実際に窓から眺めるほうが断然凄いので、未体験の方はぜひ足を運んでみてください。

ちなみに、雨の日や展望フロアが雲に隠れている日は入場料割引があります。曇天や雨天の雲間から下界が垣間見える景色というのも、これまた全然違った魅力があるので、雲の中の高層ビルを体験したことがなければ天気に関わらず上ってみるのもいいかもしれません。