女性向けクレジットカード「三井住友VISAアミティエカード」の特徴

三井住友VISAアミティエカード クレジットカード

三井住友VISAカードには、女性向けのクレジットカード「アミティエカード」があります。位置づけが分かりにくい部分もあるため、初めて三井住友VISAカードを作るときは、女性だと「クラシックとアミティエカード、デザイン以外に何が違うの?」「アミティエカードとクラシックAなら、どっちがお得?」と迷ってしまうかもしれません。

じょな
じょな

ということで、三井住友VISAアミティエカードについて特徴をまとめました。

三井住友VISAアミティエカードの特徴

三井住友VISAアミティエカードのカードの基本的なサービスは、三井住友VISAカードのうちクラシックAと同等です。

クラシックAは、通常のクラシックカードと比較して旅行時の損害補償が充実していますが、ひと言でいってしまえばアミティエカードは「クラシックAの損害補償をクラシックの年会費で可能にする」カードです。

海外旅行保険の補償内容の比較

海外旅行保険について、アミティエ(クラシックA)と通常のクラシックを比較すると、次の表のような違いがあります。

カードの種類 クラシックA
アミティエ
クラシック
傷害死亡・後遺障害 自動付帯 300万円
利用付帯 1,700万円 2,000万円
合計(最高額) 2,000万円 2,000万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
100万円 50万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
100万円 50万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2,500万円 2,000万円

海外での傷害死亡・後遺障害が、利用付帯だけでなく自動付帯で補償されるところが大きな違いです。

利用付帯というのは、そのカードで旅費等を支払った場合のみ保険が適用されます。自動付帯は、そのカードを所持していれば、旅費の支払有無にかかわらず保険が適用されます。

じょな
じょな

自動付帯は、そのカードを持っていること自体で保険に加入している、そんなイメージです。

国内旅行保険の補償内容の比較

三井住友VISAアミティエカードは、国内旅行であれば傷害死亡・後遺障害の補償が海外旅行と同様に自動付帯でカバーされます。

国内旅行傷害保険については、クラシックカードだと補償の及ばない部分なので、この点はアミティエ(およびクラシックA)カードの特徴となります。

カードの種類 クラシックA
アミティエ
クラシック
傷害死亡・後遺障害 自動付帯 300万円
利用付帯 1,700万円
合計(最高額) 2,000万円
じょな
じょな

国内旅行保険については、別の記事でより詳しく触れていますので、そちらをご参照ください。

クレジットカードの国内旅行傷害保険の内容と適用される主なケース
クレジットカードに付帯する保険として、もっとも目立つ存在なのが海外旅行傷害保険で、逆にかなり地味なのが国内旅行傷害保険です。 自分のカードには付いているのかいないのか。付いているとして、どのような条件でいくら補償されるのか。あまり意識...

年会費の比較

三井住友VISAアミティエカードの年会費は、三井住友VISAカードのクラシックと同じです。

初年度の年会費はネットから申し込めば無料になることがほとんどなので、以下は翌年度からの年会費をクラシックカードと比較した表です。

通常年会費 割引後年会費 ※1
アミティエカード 1,250円+税 ※2 0円
クラシックカード 1、250円+税 0円
クラシックカードA 1、500円+税 0円

※1 年会費はマイ・ペイすリボに登録することで0円まで下がるので、維持費に関してはほとんど気にする必要がありませんね。

いくら年会費が無料になるとしても、「マイ・ペイすリボを使うと、リボ払いが原則になって手数料分の余計な出費がかかるのでは?」と心配される方もいらっしゃるかもしれません

しかし、マイ・ペイすリボは毎月の基準額をそのカードの利用限度額と同じまで引き上げることができます。毎月すべて支払う設定にしてしまえば、それはつまり一括で決済する使い方と変わらなくなるので、リボ払いに関する手数料も一切かかりません

たとえば、アミティエカードの利用限度額が30万円だったとします。このとき、マイ・ペイすリボでリボ払いになる基準額を30万円に設定すれば、月の支払額がその基準を上回ってリボ払いになる可能性が無くなります。つまり「30万円を超えたらリボ払いにする」という設定を行うものの、そのカードの利用限度額が30万円なので、超えて使うことは不可能です。結果、リボ払いの手数料がかからず年会費という維持費を無くすことができます。

※2 学生の場合は、在学期間中の年会費が無料になる割引を利用できます。

携帯電話料金のポイント2倍がアミティエ独自の特徴

三井住友VISAアミティエカードは、カードご利用代金WEB明細書サービスを設定しておくことで、携帯電話料金のワールドプレゼントポイント(三井住友VISAカードのポイント)が通常の2倍貯まります。

三井住友VISAカードは、ポイントがガンガン貯まるクレジットカードというよりも、発行元の安心感で選ぶタイプのカードなので、もとのポイント還元率がそれほど高くありません(基本0.5%)。

その点、携帯電話の料金に限られるとはいえ、1%還元になるのはアミティエカードならではの特徴ですね。

ポイントモールの利用でポイント還元率を上げる

三井住友VISAカードは全般的に、上のとおり還元率が高いカードではありません。が、専用サイトのポイントモールを経由することで、たとえばAmazonや楽天など大手ネットショップで購入した金額に対するポイントが2倍から5倍に増加するサービスがあります。

これらを活用することで、実質のポイント還元率はもっと上がってきます。このあたりは、メジャーなクレジット会社ならではのメリットですね。

Apple PayではiDとして利用できる

地方ではまだ使いにくい地域もあるようですが、東京、横浜など都市部においてはApple Payもだいぶ普及しつつあります。アミティエカードをApple Pay対応のiPhoneに登録することで、iDとして電子マネーでの支払が容易になります。

特に少額決済の多いコンビニなどでは、財布をいちいちカバンから取り出さずとも、手元にあるiPhoneですぐ支払が完了してしまうので、一度使うと元には戻れなくなる便利さがありますよね。

三井住友VISAカードでは、Apple Payへの新規登録や利用で、一定額までキャッシュバック的に料金が無料となるキャンペーンもちょくちょく展開されています。

タイミング良くキャンペーンと組み合わせることができれば、年会費ゼロどころかプラスで活用できのでお得です。

淡いピンク系のカードデザイン

三井住友VISAアミティエカードは、クラシックカード同様にベースはシルバーで、そこに薄いピンクがグラデーションで乗ってくるようなデザインです。

アミティエカードとクラシックカード

ネット上に掲載されている見本画像だとピンクの度合いが強めに見えてしまいますが、実際のカードはもっとシックで落ち着いた雰囲気です。

アミティエカードなら、クラシックと同じ年会費で旅行の傷害補償がクラシックAと同様に手厚くなる点、および携帯電話料金の支払いが(カードご利用代金WEB明細書サービスを利用することで)ポイント2倍になる点が大きな特徴です。

シルバーのカードデザインのほうが断然好みというのでなければ、女性ならクラシック(クラシックA)よりもアミティエカードを選択するほうがお得ですね。

三井住友VISAカードのスマートフォン用アプリは、クレジットカード系アプリの中では比較的使いやすくて決済後の反映も早いほうなので、ちょこちょこ利用額や残高を確認しながら使えるのは地味だけど便利なポイントです。

公式サイト:三井住友VISAアミティエカード