ライフカードは誕生日月の利用がやっぱりお得【Life CARD】

クレジットカード

ライフカード(LifeCARD)は、以前テレビCMなどが頻繁に流されていたため、いまだそれなりに高い知名度のあるクレジットカードですね。

誕生日月のポイントが大幅にアップするため(現在は通常の3倍、1.5%還元)、ライフカードといえば誕生日月にお得なカードという印象も強いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ライフカードの特徴

ライフカードは旅行保険の有り無し、カードのデザイン等で意外と細かく種類が分かれていますが、もっとも一般的な年会費無料のライフカードと旅行保険付きのライフカードの基本スペックは以下のとおりです。

ライフカード ライフカード(保険付き)
ブランド VISA, Master, JCB VISA, Master, JCB
年会費 無料 初年度無料
次年度から1,250円+税
家族カード年会費 無料 400円
盗難保険
旅行傷害保険(海外) 最高2、000万円
旅行傷害保険(国内) 最高1,000万円
ショッピング
プロテクション

年会費無料のライフカードは、旅行保険もショッピングプロテクションも付いていませんので、潔いくらいにポイント重視(誕生日月)のカードですね。

通常時と誕生日月のポイント還元率

ライフカードのポイント還元率は1,000円で1ポイント、1ポイントが5円相当なので通常時のポイント還元率は0.5%ということになります。0.5%還元はクレジットカードの還元率としてはごく一般的です。

※入会から1年間はポイント還元率1.5倍が適用されるので、通常時では0.5%×1.5=0.75%になります。

対して、誕生日月に利用した場合のポイント還元率は3倍になることから、1,000円で3ポイント、1.5%の還元率になります。以前は誕生日月だと還元率が5倍で2.5%だったのですが、2017年から引き下げられてしまいました。

とはいえ、1.5%はクレジットカードのポイント還元率としてはかなり高めです。誕生日月にまとめ買いするとか、もともと誕生日月が物品をよく購入する月(年末12月とか)の人であれば、年会費がかからない無料版のライフカードを活用することで、かなりお得に買い物ができます。

ポイント還元率はステージ制

ライフカードでは1年間の利用総額に応じて、翌年度のポイント還元率が優遇されるステージ制がとられています。

ステージ 倍率 年間利用額 ※
レギュラー(通常) 1倍
スペシャル 1.5倍 50万円以上
ロイヤル 1.8倍 100万円以上
プレミアム 2倍 200万円以上

※ETC利用など、一部の利用額は年間利用額の計算対象外。

年間利用額が200万円を超えるようだと、プレミアムステージでポイント還元率が2倍になることから、誕生日月以外の利用でも1%還元で使えるカードになります。

ステージ制のほか、年間利用額が50万円を超えた場合、スペシャルボーナスとして300ポイントがプレゼントされる仕組みもあります。

誕生日月にショッピングしやすければ

以上のように、ライフカードは誕生日月で使ってこそ高いポイント還元率を活用できるので、誕生日月に買い物をする機会が多い(多く見込まれる)なら、持っていて損にはならないカードです。

年会費無料のカードを選択すれば、いくら使ったら元が取れるといった計算も不要ですから。

それと、ライフカードの地味だけど他カードと違う特徴として、利用限度額が一般カードでも最高200万円まで上がる点があります。ゴールドカードではなく、一般のカードでここまで利用限度額を育てることができるカードは稀なので、ライフカードをメインカードとして活用する場合にはメリットとなるかもしれません。

MasterCardなら独自のデザインも選べる

ライフカードを作るとき、カードブランドはVISA、MasterCard、JCBから選択できます。このうちMasterCardを選択した場合には、通常のライフカードとは異なるデザインのカードも選べるようになります。

ライフカード(LifeCARD)の表記がかなり小さめになり、代わってMasterCardの表記がメインになりますから、なんだかMasterCardのプロパーカードみたいな外観で面白いですよね。私も、ライフカードはこのMasterCardデザインのものを使っています。

ライフカード

欠点は、お店で使うとカードを通したときの跡が付きやすく、劣化しやすい素材(塗料)だということですね。何度か使うだけで、だいぶ年季の入ったカードに見えてしまいます。

アプリの使い勝手はイマイチかな……

ライフカードも、他のカードと同じくスマートフォン等のアプリが公開されています。アプリ上で利用額やポイント等を確認できるのは便利なのですが、他のカードのアプリと比較してしまうと、ライフカードのアプリは使い勝手がイマイチかな。

利用明細が、あくまで「PC版・紙の明細の代わり」程度なので、スマートフォンで見やすくレイアウトし直してくれるだけでも、もうちょっと見やすくなるかな。

よって、カードの締日付近で「どのくらい引き落とされるのかな」と確認したり、ポイントがどれくらい貯まったか確認する程度の利用になりがちです。

以上、メインカードにするなら年間200万円以上使ってプレミアムステージまで育てるか、そうでなければサブカードとして誕生日月を中心に使うか、ライフカードはどうしても極端な使い方になってしまいがちなカードです。

じょな
じょなでした。