エポスカードはマルイだけでなく幅広い優待割引でもお得

エポス一般カードとエポスゴールドカード クレジットカード

EPOSカードはマルイの実店舗やネットショップを利用する人には、かなり便利かつお得に使えるクレジットカードです。

とはいえエポスカードには、「エポスカード=マルイのカード」と単純に考えてしまうのはもったいないほど、多くの特典や優待割引制度が用意されています。

仮にメインのカードを別に利用している場合でも、エポスカードはいわゆる「持っておくだけでお得」なカードです。

エポスカードの特徴

エポスカード ゴールド
ブランド VISA VISA
年会費 無料 5,000円 ※1
家族カード
ETCカード 無料 無料
盗難保険
海外旅行保険 最高500万円 最高1,000万円
国内旅行保険
ショッピングプロテクション ー ※2 ー ※2

※1 インビテーションでゴールドに切り替えた人は年会費が永年無料、そうではない場合も年間利用額50万円以上で翌年以降の年会費無料。
※2 オプション「エポスお買い物安心サービス」(年間1,000円+税)を追加することで、一部除き年間通算50万円まで補償。

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯

EPOSカードは、年会費無料のクレジットカードであるにもかかわらず、海外旅行保険が自動付帯という、かなりレアなカードになっています。もしエポスカード以外のクレジットカードをメインで利用することになっても、海外旅行保険のために手元にキープしておく選択もありですね。ゴールドをインビテーションで作った場合にも、年会費無料なので同様にキープしておく選択肢は要検討です。

海外旅行保険については、死亡・障害時の最高額が大きいためそちらが目立ってしまいますが、エポスカードは傷害・疾病治療保険が充実している(1事故あたり最高200万円、1疾病あたり最高270万円。エポスカードゴールドの場合はどちらも最高300万円)のも特徴です。

基本のポイント還元率はそれほど高くない

エポスカードのポイント還元率は、おおよそ0.5%前後です。そのため、このカードをメインにして何でも決済していくのはオススメではありません。が、HPダイレクトプラスだとポイント10倍など、特定の店舗・サービスではポイント還元率が高いところもあります。

じょな
以前、hpのパソコンをHPダイレクトプラスから何度もエポスカードを使って購入し、ポイントがかなり貯まりました。パソコンは比較的高額なので、10倍なら1台購入するだけでも結構なポイントが還元されます。

ほか、大抵のクレジットカードと同様、専用サイトを経由することによってポイント還元率がアップする「たまるマーケット」もあります。たとえばAmazonや楽天市場だとポイント2倍なので、たまるマーケット経由なら1%の還元率でショッピングが可能です。

ということで、このカードは基本的にマルイの実店舗・ネットショッピングで割引やバーゲンを活用して使いつつ、その他の幅広い優待割引をお得に利用する、という使い方になりますね。

ゴールドカードの場合は、他に年間利用額に応じたボーナスポイントも付与されるため、このポイントを合わせて計算すると全体の還元率はもう少し上がります。

なお、ポイントの有効期限は一般カードだと2年間ですが、ゴールドカードに切り替えると以後、無期限で貯めることができます。

マルコとマルオの7日間で10%オフ

以前は誕生日月の割引でしたが、現在は年4回開催の「マルコとマルオの7日間」に10%割引でショッピングができます。だいたい、毎年3月、5月、9月、11月開催ですが、誕生日月よりも年4回に分散しているほうが、買いたいタイミングに合わせやすいかなと思います。

ゴールド・プラチナカードなら、マルコとマルオの7日間の他にも、優待割引の期間が設けられるため(通知がハガキなどで送られてきます)さらにポイントが貯まりやすいです。

マルイウェブチャンネル等の利用が便利

マルコとマルオの7日間の割引は、実店舗ではなくマルイのウェブショップであるマルイウェブチャンネル等でも適用されます。私の住んでいる横浜にもマルイはありますが、ほとんど、マルイウェブチャンネルからの買い物になってしまってます。

マルイウェブチャンネル等では、貯まったポイントをすぐ利用して買い物ができるので、マルコとマルオの7日間を中心に年に何度かウェブショップを確認しておくと、ポイント有効期限のある一般カードでも無駄なくポイントを使うことができます。

優待割引の範囲が広い

といった具合に、エポスカードはマルイでの利用にメリットの大きなクレジットカードですが、マルイ以外での優待がかなり広範囲であることでも有名です。様々な優待割引があるので、買い物、飲食、レジャー施設と新しい場所に行くときは、まず「エポスカードの優待はないかな?」と確認してしまうほど。

海外旅行保険が自動付帯であることに加えて、各種優待割引が幅広いことも、エポスカードを解約せず所持しておく要因の1つになっています。

じょな
映画館が1,300円に割引される優待はかなりお得ですが、できればオンラインクーポン発行などによって、各映画館のオンライン予約画面からも適用できればよかったかな。(優待で発行したチケットを、映画館窓口で取り替えると事前の座席予約ができないので)

映画館

エポスカードの優待割引については、「エポトクプラザご優待サイト」で詳細を確認できます。

エポスカードのご優待 | エポトクプラザ
エポスカードでのご優待情報ページです。ご優待サイトでは会員様限定のおトクな情報をお届けしています。普段使いできるレストラン・カフェから暮らしに役立つサービスまで様々なご優待をご紹介♪
横浜エリアで使えるエポスカードの主な優待サービス
エポスカード(EPOS CARD)は丸井のクレジットカードですが、優待割引が非常に広範なのが特徴です。横浜エリアを観光、散策する際にも利用できる優待サービスがあります。 マルイで買い物をする機会のある人なら、既に一枚所持している可能性...

一般カードならデザインが豊富

一般カード、ゴールドカードとも、デザインはシンプルで使いやすい券面ではないでしょうか。別途料金が500円必要ですが、一般カードはカードデザインを数十種類のラインアップから選ぶこともできます(エポスデザインカード)。カラフルなものでもいいですが、むっちゃシンプルなのも魅力的ですね。

エポスカード|エポスデザインカード EPOS DESIGN CARD【ALL】

とはいえ、最近は取り扱いを終了してしまったデザインも多くなって、選択肢がだいぶ減ってきたのは残念なところです。他の人がほとんど持ってないカードが作れるところは、エポスカードの長所だと思ってます。クレジットカードは何年も使うものなので、できるだけ自分好みのカードを持ちたいものですよね。

バーチャルカードの発行も可能

エポスカードは、エポスNetからバーチャルカードを簡単に発行することができます。バーチャルカードは、ほとんどのネットショップ等で通常のクレジットカード(ブランドはVISA)として利用できるため、購入したいけど知らないサービス・会社だからクレジット番号を入力するのは気が引けるとか、そういったケースで簡単に利用することができます。

エポスNetから利用開始の設定を行うと、バーチャルカードはあくまで画面上にカードとして表示されます。三井住友VISAカードのように、形のあるカードが送られてくるわけではありません。

バーチャルカードの利用限度額は、エポスカードの利用限度額内でエポスNetから設定可能です。バーチャルカードで高額利用というのはあまり考えられませんので、利用限度額を低めに設定しておけば、より安心に使えます。

なお、継続的に支払が発生する公共料金や、商品受け取り時にクレジットカードの提示が求められるサービスなどでは、バーチャルカードは使えません。

じょな
私もこのバーチャルカードはちょくちょく利用していましたが、バーチャルカードを使わなかったメジャーなサービスに限って不正アクセスによる個人情報の漏洩などが起こったりして、なかなかバーチャルカードを使うか否かの判断は難しいなと思わされたりも。

Apple Pay

エポスカードはiPhoneのApple Payでも利用できます。Apple Payに登録すると、QUICPayとしてコンビニ等での支払がより楽になります。

以前はQUICPayよりもiDのほうが使える店舗が多かった印象ですが、いまはもうほとんど変わらなくなりましたね。場所によってはQUICPayのみ利用可能なところもあるので、可能ならApple PayにはiDとQUICPayの両方を登録しておきたいところ。

iPhone8 PlusとiPhone7 Plus

いずれの決済手段でもあまり差が無くなったため、支払完了時に鳴る音声の好みによって、iDかQUICPayかメインで使う電子マネーを決めている人も意外と多いようですね。(WAON好き、Edy好きも音声によるところが意外と大きいようです)

ゴールドカードへのインビテーション

エポスカードのゴールドカードは、最初からゴールドを選択して作ることも可能ですが、できれば一般カードを利用してインビテーション(招待)をもらってからの切替がお得です。

最初からゴールドを選択してしまうと、年間50万円以上の利用で翌年以降の年会費が無料になるとはいえ、インビテーション経由での切り替えであれば最初から永年無料で使えます。海外旅行保険や各種優待割引のことを考慮すると、メインカードとしての利用が減った場合でも年会費無料なら持ち続けるメリットがあります。

どの程度の利用でインビテーションの手紙が届くかの基準は公開されていませんが、マルイと相性の良い年齢層・性別の方であるほど、おそらく年間の利用額がそれほど行かずともインビテーションが届くのではないでしょうか。

エポスプラチナカード

エポスカードには、上で触れた一般カードとゴールドカードのほかに、ゴールドの上位カードであるプラチナカードがあります。こちらもエポスゴールドカード同様、インビテーション経由の場合と最初から選択する場合とで、年会費の仕組みが異なります。

インビテーション無しでプラチナカードを作る場合には、年会費は30,000円かかりますが(年間100万円以上の利用で翌年以降20,000円に減額)、インビテーション経由なら最初から20,000円です。

エポスプラチナカードは、年間100万円以上利用することで20,000ポイントのボーナスポイントが加算されます。そのため、インビテーション経由であれば実質的な年会費はかからないことになります。この点、ゴールドカードでも年間100万円以上の利用で10,000ポイントのボーナスポイントが加算されますから、今現在エポスゴールドカードを使っている人であれば、ポイント還元に限っては年間300万円程度利用しなければゴールドから切り替える意味はありません。

エポスプラチナカードは、年間20,000円でVISAプラチナが所持できるのが大きなメリットです。しかし、一般のエポスカード、ゴールドカードと使ってきたユーザーのほとんどにとって、VISAプラチナのメリットよりも年会費20,000円のデメリットのほうが大きく感じられてしまいそう。インビテーションが届いたからといって、おいそれと切替できるカードではないですね。

エポスプラチナカードでは、海外旅行保険が最高1億円に引き上げられ、また国内旅行保険も利用付帯ですが最高1億円でカバーされることになります。

ほかには、エポスプラチナグルメクーポンの利用により、高級コースなど2名以上の利用でプラチナ会員1名分の料金が無料になります。

じょな
グルメベネフィット系は、横浜付近はあまり対象店舗が無いんですよね。さすがに東京は充実してます。

プラチナグルメクーポン対象店舗:
https://www.eposcard.co.jp/platinum_gourmet/restaurant.html

また、プライオリティパスが発行可能なので、空港のVIPラウンジを同伴者1名まで無料で利用できます。また、プラチナカード自体の提示で空港のカードラウンジも同伴者1名まで利用可能です。

プライオリティパスやプラチナダイニング(グルメベネフィット)を比較的安価な年会費で利用したいという要望には、実はエポスプラチナカードはかなり有力な選択肢になりますね。ゴールドカードを年間100万円以上利用していると、高確率でインビテーションが来るとの情報もよく目にしますので、目安の金額はだいたいそのあたりなのでしょう(もちろん、その時点でリボ払いなどが高額に積み上がっていなければ、ですが)

じょな
以上、じょなでした。エポスカードの前身であるマルイの赤いカードの頃から使っているので、私にとっては学生の頃から長い付き合いのクレジットカードです。

公式サイト:EPOSカード

タイトルとURLをコピーしました