三井住友VISAゴールドカードとANA VISA ワイドゴールドカードの比較

三井住友VISAゴールドカードとANA VISA ワイドゴールドカード クレジットカード

三井住友VISAカードのゴールドと、ANA VISA ワイドゴールドカード。どちらもゴールドカードの位置づけであり、かつ同じ三井住友カードが発行しているため、共通した特典も多い両カード。

大きな「ANAマイル」という違いがカード名に表れているため、この2枚を比較検討して、いずれを作るか悩むシチュエーションはあまり無いかもしれませんが………主な違いをまとめてみました。

スポンサーリンク

年会費、旅行保険、ショッピング保険等の比較

三井住友VISAゴールド ANA VISA ワイドゴールド
年会費 10,000円+税 14,000円+税
年会費(割引後) 4,000円+税 9、500円+税
家族カード年会費 無料(2人目以降1,000円+税) 4,000円+税
家族カード年会費(割引後) 2,500円+税
継続ボーナスマイル 2,000マイル
海外旅行保険(最高) 5,000万円
(自動付帯1,000万円
利用付帯4,000万円)
5、000万円
(自動付帯)
海外傷害治療(最高・1事故) 300万円 150万円
海外疾病治療(最高・1疾病) 300万円 150万円
国内旅行保険(最高) 5,000万円
(自動付帯1,000万円
利用付帯4,000万円)
5、000万円
(自動付帯)
国内航空便遅延保険
ETCカード 500円
(1回以上利用で翌年無料)
500円
(1回以上利用で翌年無料)
ショッピング保険 300万円
(1事故3,000円負担)
300万円
(1事故3,000円負担)
空港ラウンジ(カードラウンジ)
ANAラウンジ
JR東海エクスプレス予約

年会費の割引

本会員の年会費は三井住友VISAゴールドが10,000円+税、ANA VISA ワイドゴールドが14,000円+税と、いずれも10,000円以上ですが、三井住友カードの発行するクレジットカードなので、年会費割引制度を利用することが可能です。

三井住友VISAゴールドカードの場合、「マイ・ペイすリボ」※と「Web明細サービス」両方の適用で年会費が4,000円+税まで下がるため、比較的低コストでゴールドカードを維持・活用することができます。

ANA VISA ワイドゴールドカードの場合は、両方の割引を適用することで年会費は9,500円になり、税抜では10,000円を切るところまで落とせます。

※「マイ・ペイすリボ」は名前のとおり「リボ」払いになることで敬遠される方も多いようですが、マイ・ペイすリボの設定で毎月の支払額をそのカードの利用限度額まで引き上げてしまえば、リボ払いの手数料は発生しません
具体的には、そのカードが100万円の利用限度額なら、マイ・ペイすリボで100万円を超えた分はリボ払いという設定にしておけば、支払額が100万円を超えることは不可能のためリボ払い手数料は発生しません。

家族カードの年会費

家族カードの年会費は、三井住友VISAゴールドは1枚目無料、ANA VISA ワイドゴールドカードは1枚目が4,000円+税です。

ANA VISAワイドゴールド(家族カード)

ANA VISA ワイドゴールドで家族カードを発行してマイルをより効率的に貯めたいときは、三井住友VISAゴールドカードと違って1枚目の家族カードから年会費がかかるため、本会員の年会費と合算した総額では、より差が広がります。

旅行保険

海外、国内ともにANA VISA ワイドゴールドカードのほうが自動付帯であり、一部自動付帯の三井住友VISAゴールドカードよりもメリットが大きいように見えます。

ですが、海外での傷害治療や疾病治療を含めて比較すると、三井住友VISAゴールドカードも補償が手厚いことがわかります。

この点、海外での傷害治療、疾病治療については所持するカード全体で合算適用が可能なので、ANA VISA ワイドゴールドをメインで利用する場合には、サブカードとしてエポスカードなど年会費無料で傷害治療、疾病治療が補償されるカードを作っておくと、この点は強化可能です。

エポスカードはマルイだけでなく幅広い優待割引でもお得
はマルイの実店舗やネットショップを利用する人には、かなり便利かつお得に使えるクレジットカードです。 とはいえエポスカードには、「エポスカード=マルイのカード」と単純に考えてしまうのはもったいないほど、多くの特典や優待割引制度が用意され...

旅行保険以外では、利用付帯かつ活用するのが少し面倒ではありますが、ANA VISA ワイドゴールドカードは国内航空機遅延補償が使えます。

空港ラウンジ

国内線の空港ラウンジ(カードラウンジ)は、いずれのゴールドカードでも利用可能です。この場合の利用は本会員のみで、同伴者1名無料などのサービスはついていません。夫婦2名で利用する場合などは、家族カードの発行を要します。

一方、ANAラウンジについては、いずれのゴールドカードもサービス内容には含まれていません。

Apple PayとEdy

Apple Payに登録することで、両カードともiDとして利用することができます。この点、三井住友VISAゴールドカードでもANA VISA ワイドゴールドカードでも、カード自体にiDを搭載することも可能です。

iPhone8 Plusの表面

Apple Payを利用しない場合は、カード自体にiDを搭載しておくと便利です。特にコンビニ決済等で少額でも頻繁に利用する場合には、iD経由で非接触の支払を行うほうが、カード自体が短期に摩耗・劣化するのを防げます。

iDは使えるところもかなり増えてきたので、日常的な決済はだいぶiD経由で行いやすくなっています。

ANAカード限定サービス

ANA VISA ワイドゴールドカードはANAカードであるため、ANAに関連した限定サービスが適用されます。

羽田空港のANA便

そのため、たとえば国際線でエコノミークラスに乗る場合でも、ビジネスカウンターを利用できるなどのメリットがあります。その他のANAカード限定サービスは、主に以下のようなものがあります。

予約とフライト ANAカード専用運賃「ビジネスきっぷ」
航空券のスムーズ予約
ビジネスクラスカウンターでチェックイン(国際線)
ホテル・レンタカー IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービス
IHG・ANA・ホテルズグループジャパン朝食無料&ウェルカムドリンクサービス
会員優待 空港内免税店での割引 (10%OFF)
国内線・国際線の機内販売割引 (10%OFF※)
※単価1,000円以上の商品
空港内店舗「ANA FESTA」での割引 (10%OFF※)
※1回の精算で1,000円以上
成田空港でのパーキング割引
「ANAショッピング A-style」での割引 (5%OFF)

三井住友VISAゴールドカードは、当たり前ですがANAカードではないため上記のようなサービスは付帯しません。

マイルの還元率

三井住友VISAゴールドカードは、そのまま使うとANAマイル還元率は0.3%です(1マイル1円とした場合)。一方、ANA VISA ワイドゴールドカードは10マイルコースが適用されるため、マイル還元率は1%です。

ANAマイルを貯める人には、圧倒的にANA VISA ワイドゴールドカードのほうが還元率が高くお得です。年間利用額に応じたボーナスポイントも加味すると、還元率はさらに上がります。

ただし、両カードの年会費差額を考えておかないと、年間利用額によってはANA VISA ワイドゴールドのほうが結局はマイル還元率的に損してしまう可能性もありえます。

ANA 飛行機

ここでは詳細に触れませんが、ANA VISA ワイドゴールドカードは少額のリボ払い手数料を毎月上手に発生させることができれば、マイル還元率は1.3%まで上昇します。毎月の決済額が大きい人は、この方法によるマイル増も要検討です。

じょな
私は面倒なのでそこまで調整してません。

カードのデザイン

同じゴールドカードでも、三井住友VISAゴールドカードとANA VISA ワイドゴールドカードでは、比較的違った色味を帯びたデザインになっています。三井住友VISAゴールドカードのほうが、よりギラつかず、かつ温かみのあるゴールドですね。

三井住友VISAゴールドカードとANA VISA ワイドゴールドカード

ANAカードのほうは、スターアライアンスのロゴマークと、上の写真では写っていませんが10桁のANAお客様番号がカード券面に記載・刻印されています。カード裏面のサポートデスク番号は、いずれも三井住友カードのゴールドデスクで同じ番号になっています。

ゴールドからプラチナにアップグレードする際の違い

以上、両カードの年会費や旅行保険、付帯サービスなど主な違いをを比較してみました。

三井住友VISAゴールドカードとANA VISA ワイドゴールドカード、一番の違いは名称にも表れているとおり「ANA」のサービスやマイル還元率になりますが、もう1点だけ、両者にはかなり異なる違いがありますね。

それは、ランクアップ先のカードが三井住友VISAプラチナカードなのか、ANA VISA プラチナプレミアムカードなのかという点です。プラチナカードまで行くと、両カード間には年会費からして30,000円近い差が生じますし、ANAカードのほうは国内線ANAラウンジの利用が可能になるなど、よりANA関連のサービスが手厚くなります。

また、ゴールドからプラチナへのアップグレードだけでなく、ANAカードであるANA VISA ワイドゴールドカードは、Super Flyers Card(SFC)へのアップグレードも可能ですね。(もちろんプラチナ プレミアムへアップグレードした上でのSFCアップグレードも可能です)

ゴールドカードの段階ではマイル還元率以外にそれほど差がないともいえる両カードですが、育ててプラチナカードに切り替えるところまで視野に入れると、いずれのカードが適しているか(便利に活用できるか)、より鮮明になってきます。

三井住友VISAゴールドカードの使いやすいところとクラシックカードとの違い
三井住友VISAゴールドカードは、クレジットカード会社が直接に発行する(広義の意味での)プロパーカードです。 同じプロパーのJCBゴールドカードと、ライバル関係としてよく比較されることが多いのですが、今回は三井住友VISAゴールドカー...
マイルを貯めやすいカードの筆頭格「ANA VISA(マスター)ワイドゴールドカード」
ANA VISAワイドゴールドカードは、普段の買い物等に利用することでANAマイルを貯めるクレジットカードとして、まず筆頭に挙がることの多いカードです。 今回はANAの一般カードとも比較しつつ、「マイルを貯めやすい」理由を中心に、この...
じょな
以上、じょなでした。