JAL普通カードJCBを作った|申込みからカードの発行・到着まで

JAL普通カードの到着(JCB) クレジットカード

現在ANAカードはいくつか所持・活用していますが、航空会社系ではJALカードが全くの未所持だったので、今回新規で発行してみることにしました。

実はJALカード、以前に一度だけ発行を試みたことがあるのですが、そのときは審査が否決で終わってしまったんですよね。

スポンサーリンク

JCBのJAL普通カードを選択

そこで今回は普段JCBカード(オリジナルシリーズ)を使っていることから、発行会社がJCBなら審査も問題ないのではと思い、ブランドをJCBにしてネットから申込んでみました。JALカード、2度目のチャレンジです。

【JCB一般カード】JCBオリジナルシリーズでもっともベーシックな1枚
JCBオリジナルシリーズ(JCB ORIGINAL SERIES)は、クレジットカードのブランドであるJCBが直接に発行しているカード、いわゆる「プロパーカード」にあたります。JCBのロゴがどこかに入った提携カードは多々ありますが、JCBし...

JALカードは種類が多く、カード発行会社も三菱UFJニコス、JCB、ビューカードと分かれていることから、自分が既に使っているカード会社を選択しやすいですね。(国際ブランドがアメリカン・エキスプレスのJALカードもありますがは、発行会社は三菱UFJニコス)

結果、今回は特に何の問題もなく、無事に手元へ届きました。

じょな
じょな

ありがと、JCB!

JAL普通カード(JCB)

海外利用が前提ならVISAかMasterが無難かも

JALカードをメインカードとして海外でも利用する場合、カードの国際ブランドはJCBではなくVISAかMasterCardにしておくほうが無難な気がします(海外でのショッピングを考慮)。が、今回は日本国内での利用をメインで考えているので、JCBでも特に問題ないかなと。

ということで、ブランドをJCBにすることはすぐ決まったものの……。

普通カードにショッピングマイル・プレミアムを追加

JCB提携カードの中で、普通カードにするかCLUB-Aカードにするかは少し迷いました。

この点、しばらくの間はJALに搭乗するよりもショッピングでの決済がメインとなることから、CLUB-Aカードまでは必要ないかなと、普通カードにショッピングマイル・プレミアムだけ追加して発行することに。

ネット申込みからカード到着までの日数

参考までに、以下にJAL普通カードが発行されるまでに要した日数を記載しておきます。

JALカードは審査・発行に時間がかかることで有名なので、申込みをしたものの発行されるのかされないのか、ヤキモキされる方も多いのではないでしょうか。

じょな
じょな

ワイもヤキモキ、でも3週間はかからなかったのでまだマシなほうかな?

ネットからJAL普通カードの申込み
即時 オンライン入会受付の案内(メール)
3日後 郵送で本人確認書類の到着
14日後 キャッシングサービスのご案内ハガキ到着
17日後 JALカードの到着(簡易書留)
じょな
じょな

初めてのJALカードなので、カード到着の前日くらいに、別途JALからJMBパスワードお知らせのハガキが届いたのでした。

受付案内メールの次は即、書類が送られてきた

JALカードの申込みから審査、カードの到着までは、カード発行会社や申し込む人の属性等によって多少異なると思いますが、私の場合は「受付確認」のメールが届いた3日後に、本人確認用の書類を入れて返送するよう郵便での案内が届きました。

これが届いたら、ほぼ審査が完了したと考えていいのかな?

前述のとおり、以前発行を試みたときは2週間後くらいに「残念ながら・・・」といったお断りのメールを受信した経験があったので、あっさり郵便物が送られてきた段階で少し安心できました。

ちなみに送られてきた書類には、本人確認の書類は約1週間以内に返送するように期限が記載されていました。

じょな
じょな

もちろん、到着したその日に送り返したよッ

在籍確認等の電話は無し

今回、ウェブから申込みをして本人確認書類の案内が郵送で届くまでの間と、本人確認書類を同封して返送してからカード自体が届くまでの間、いずれも電話での在籍確認やカード発行の確認電話などはかかってきませんでした。

このあたりも、発行するカードの種類やカード発行会社、申込んだ人の属性などで異なる部分かと思います。JALカードの審査途中で電話がかかってきたという書き込みは、ネットの各所で目にしたことがありますし。

先にキャッシングに関するハガキが到着

本人確認書類を返送後は、電話がかかってくるでもなくメールが届くわけでもなく、10日ちょっとの間は特に何の動きもありませんでした。

その後、郵便受けを見たらキャッシングに関する案内のハガキが届いていたため、ここでようやく「今回は発行してくれるな」という感触を得ることができました。JALカード、2度目の申込みでゲット。

じょな
じょな

ふぅ。

キャッシング枠に関しては、今回「0(ゼロ)」で申し込んだので、キャッシング案内のハガキは届きましたが、記載は総枠0円です。

JALカード本体の到着

ネットから申し込んで17日後に、JAL普通カードが簡易書留で手元に届きました。

JALカードの同風物

JAL普通カードはデザインがシンプルでいいですね。でも欲を言えば、デザイン面からはJCBのホワイトで縁取りされたロゴマークではなく、単色の文字だけのVISAのほうが統一感あるかな。JCBなら白一色とかシンプルなほうが合いそうだな。

JAL普通カードでも、発行直後で利用限度額が3ケタあったのでまずは十分です。この限度額は、他のJCB提携カードの限度額と合わせて発行されたのかもしれません。JCBは複数カードを発行しても、総枠が設定されてその額以上は使えない仕組みですから。

じょな
じょな

というか提携カードの枠はそこそこあるのに、なぜワイのJCBオリジナルは頑なに利用限度額が低いままなのか……。

今回のJAL普通カードは、リベンジ的、次善の策的にJCBブランドで発行しましたが、JCBのネット明細やアプリは使い勝手が良いので、他のJCBカードとまとめて確認・運用ができるのは楽ですね。

結果的に、その点は良かったです。

タイトルとURLをコピーしました