自転車に乗る人と犬を飼ってる人は要検討の保険「日常生活賠償プラン」

犬と自転車 クレジットカード
  • 飼い犬が他人に噛みつき、ケガを負わせてしまった
  • 自転車で走行中、うっかり他人に衝突してケガをさせてしまった
  • お店の展示品を落として割ってしまった

日常生活でちょっとした「うっかり」によって、他人に大きな損害を負わせてしまうと、場合によっては多額の損害賠償を支払わなければならない事態に陥ります。

そんな日常生活の「うっかり」による損害賠償責任を補償してくれるのが、JCBトッピング保険の日常生活賠償プランです。

じょな
じょな

月額保険料が150円と非常に安価であるにもかかわらず、個人賠償責任は最大1億円、かつ家族も補償の対象になるという充実・安心の内容です。

スポンサーリンク

JCBトッピング保険「日常生活賠償プラン」の特徴

JCBトッピング保険にはいくつか種類がありますが、「日常生活賠償プラン」は、以下のような特徴を挙げることができます。

保険料が安い

とにかく保険料が安いです。冒頭でも触れましたが、月額150円しかかかりません。月にペットボトル1本、買ったか買わなかったか程度しか家計に違いが生じません。

計算機

日常生活をおくる上で、なんとなく「誰かに危害を加えてしまったら嫌だな」とか「損害賠償を請求されてしまったら困るな」という漠然とした不安を抱えることってありますよね。

そんなとき、毎月高い費用を払って保険に入らずとも、ごく安価な保険料で万が一の際に補償されることは、心理面での大きな安心となります。

この低価格な保険料は、JCBが団体として損害保険ジャパン日本興亜株式会社と保険の契約を結ぶことによって実現しています。

じょな
じょな

保険会社が個人を相手に1人1人説明したり契約を結んだりする手間が省けるぶん、月々の保険料が安くなる仕組みです。

加入が簡単かつ瞬時に完了

「安心・安価な保険があったとしても、保険に入るための申込みやら手続きが面倒だと嫌」ですよね。

この点、JCBのトッピング保険は、クレジットカードのウェブ明細を確認したりするときに使う「MyJCB」から数回クリックするだけで加入できてしまう、手続きがなんとも簡単な保険です。

じょな
じょな

ウェブ明細を確認する「ついで」の時間で保険に加入できてしまうので非常に手間がかかりません。

対象者に家族も含まれる

JCBトッピング保険の日常生活賠償プランは、月の保険料が150円と非常に安価であるにもかかわらず、加入した本人だけでなく家族も補償の対象となっています。

ということは、

  • 子供が自転車で事故を起こして、誰かにケガを負わせてしまった

ときにも補償してもらえるため、仮に自分が自転車に乗る機会に乏しくとも、子供が自転車通学の場合などにはより安心の得られる高い保険です。

「誰かに損害を与えてしまった!」に備える保険

JCBトッピング保険の日常生活賠償プランは、基本的には「誰かに損害を与えてしまった!」ときに備える保険です。

従って、「自分に損害が生じてしまった!」という状況では、原則補償されません。

※ただし、交通事故による死亡・後遺障害など、一定の非常に大きな事故による傷害等のみ、一部補償されます(こちらは家族対象外)。

最大1億円の個人賠償責任が補償される

自転車による事故では近年、かなり大きな額の損害賠償を負わなければならない判決も出ています

この点、日常生活賠償プランでは、日常の個人賠償責任が最大1億円まで補償されるため、ほとんどのケースでは損害額をカバーすることができます。

万が一、裁判になってしまった際の訴訟費用も、1億円の中から支払われるほか、裁判以前の相手側との示談交渉についても保険担当者に任せることができます。くどいですが、それでも保険料は月150円しかかかりません。

JCBトッピング保険「日常生活賠償プラン」に加入するには

JCBトッピング保険の「日常生活賠償プラン」に加入するためには、前提としてJCBの対象となるクレジットカードを所持していることが必要です。

JCBの取り扱う保険なので、当たり前といえば当たり前なのですが、この保険唯一の短所は加入が一定のクレジットカード加入者のみに限られること、といえるかもしれません。

トッピング保険に加入できるJCBカード

ここでいうJCBカードは、クレジットカードの番号が354か355で始まるカード、カード裏面にJCBカードセンターの問い合わせ先が記載されているカードです。

JCBオリジナルシリーズや、JCB LINDA、EITなど、いわゆる「JCBのカード」が対象であり、JCBと提携している他のカード会社が発行しているカードは(JCBのロゴがカードに記載されていても)対象外となります。

トッピング保険への申込み方法

JCBトッピング保険に加入するには、MyJCBのメニューから「各種お申込み・購入」を選択して「保険のご案内」に進みます。

トッピング保険の申込み

「保険のご案内」という画面に移動するので、「トッピング保険のお申込み・照会」のリンクをクリックします。

トッピング保険の申込み画面

あとは「トッピング保険のお申し込み・照会」画面から「トッピング保険のお申し込み」リンクをクリックすれば、加入が可能なトッピング保険が一覧表示されるので、「日常生活賠償プラン」を選択すればOKです。

トッピング保険の申込み

トッピング保険の一覧

なお、加入にあたっては過去の事故歴や他に加入している保険の契約情報、加入希望者の年齢や職業などに一定の条件が設けられています。

じょな
じょな

JCBのトッピング保険は、解約も都合に合わせて随時可能な仕組みなので、とりあえず加入してみて「やっぱり必要ないか」と思い直したらその時点で解約、という使い方もできます。

JCBの年会費無料のカードと組み合わせる

既にJCBのクレジットカードを所持しているなら、そのカードを利用してJCBトッピング保険に加入するのがスムーズです。

【JCB一般カード】JCBオリジナルシリーズでもっともベーシックな1枚
JCBオリジナルシリーズ(JCB ORIGINAL SERIES)は、クレジットカードのブランドであるJCBが直接に発行しているカード、いわゆる「プロパーカード」にあたります。JCBのロゴがどこかに入った提携カードは多々ありますが、JCBし...

もしJCBのクレジットカードをまだ所持していなければ、年会費無料のカードを作ってこの保険に加入するのが日々の負担が最低限となるのでオススメです。

以前はJCB EIT(または20代ならJCB CARD EXTAGE)が代表的な選択肢でしたが、今なら39歳以下の人はJCB CARD WのほうがEITと異なりリボ払い前提ではないため、よりトッピング保険との組み合わせで安心・便利に使えてオススメです。

じょな
じょな

以上、JCBトッピング保険の「日常生活賠償プラン」についてでした。私もこの保険には加入しています。「なんとなく不安」だから「とりあえず入っとくか」的な保険として、内容がかなり充実してます。

日常生活賠償プラン | 新規開設!JCB「トッピング保険」 | JCBカードのおすすめ保険
月々150円の保険料で、日常の賠償責任を補償する保険です。賠償が1億円ついており、リーズナブルな保険料で幅広く補償します。WEBからお申し込みで、明日から適用されます。