クレジットカードの国内旅行傷害保険の内容と適用される主なケース

旅行 クレジットカード

クレジットカードに付帯する保険として、もっとも目立つ存在なのが海外旅行傷害保険で、逆にかなり地味なのが国内旅行傷害保険です。

自分のカードには付いているのかいないのか。付いているとして、どのような条件でいくら補償されるのか。あまり意識せず使っていることも多いかもしれません。

じょな
じょな

以下では、クレジットカードに付帯する国内旅行保険について、適用の条件や内容を簡単にまとめました。

スポンサーリンク

クレジットカードの国内旅行傷害保険

クレジットカードに付帯する国内旅行傷害保険は、国内旅行中に負ったケガなどを補償してくれます。

ただし、旅行中に負ったケガなら何でも補償してくれるかというと、そうではなく、適用されるケースはかなり限定的です。

利用付帯と自動付帯

まず、クレジットカードの国内旅行傷害保険は、付帯しているカードと付帯していないカードがあります。年会費無料のカードでは、国内旅行傷害保険が全く付帯していないものも多いです。

クレジットカード

じょな
じょな

カードに国内旅行傷害保険が付帯している場合でも、保険が適用される条件として利用付帯のカードと自動付帯のカードに分かれます。

利用付帯

利用付帯が条件になっているカードは、そのクレジットカードで国内旅行代金等を支払ったときに、国内旅行中に負った一定のケガなどを補償してくれます。

カードで支払ったときのみ保険適用の可能性があることから、パッケージ旅行の代金や往復の交通費等を支払うときには、そのカードで決済を行わなければ意味がありません

自動付帯

自動付帯のカードは、そのクレジットカードで国内旅行代金を支払っていなくても、自動的に国内旅行中に負った一定のケガなどを補償してくれます。

そのカードで国内旅行代金等を支払わなくても適用されるため、一定の国内旅行傷害保険に常時加入しているような状態ともいえます。

クレジットカードの国内旅行傷害保険をほとんど意識せずに済むため、自動付帯のカードを所持しておくと便利ではありますが、国内旅行保険が自動付帯のクレジットカードはあまり数が多くありません

利用付帯と自動付帯の併合型

クレジットカードの中には、国内旅行傷害保険について一定の金額まで自動付帯で保険が適用されるものの、あとはそのカードを利用して旅行代金等を支払った場合のみ(利用付帯で)支払われるという、自動付帯と利用付帯の併合型のカードもあります。

国内旅行傷害保険の内容

クレジットカードの国内旅行傷害保険は、通常、以下のような保険内容が含まれています。

  • 傷害死亡・後遺障害
  • 入院費用
  • 通院費用
  • 手術費用

傷害死亡や後遺障害については保険金の最高額が高めに設定されているカードもあるため、よく「国内旅行保険 最大〇千万円」とカード入会のパンフレットで大きく記載されていたりします。

が、傷害死亡や後遺障害よりも、実際に利用する可能性があるのは入院費用や通院費用にかかる保険ではないでしょうか。

もっとも、これは各クレジットカードを比較検討された方ならご存じかと思いますが、国内旅行傷害保険の付帯するクレジットカードでも、傷害死亡・後遺障害には保険が適用されるものの、入院や通院には保険が全く適用されないタイプのものも多いです。

じょな
じょな

入院費用や通院費用に対して保険が適用されるクレジットカードでも、1日や2日程度の入院・通院では保険は支払われず、7日以上の入院・通院となって初めて(1日目に遡って)保険適用となるのが通常です。

どのようなケースで国内旅行傷害保険が適用されるか

どのようなケースで国内旅行傷害保険が適用されるかは、各カード・カード会社によって多少異なりますが、概ね以下のような場合に保険の対象となります。

ただし、以下に当てはまりそうな場合でも、故意・重過失によるケガや、自然災害等によるケガは国内旅行傷害保険の対象外です。

じょな
じょな

保険が適用されるためには「急激」かつ「偶然」な「外来」の事故でなければならないため、「急激な体調不良」による疾病等は含まれません。

公共交通機関の利用中のケガ

乗っている電車が脱線した、乗っているバスが事故にあった、などでケガを負ったとき。つまり公共交通機関を利用している間に、不慮の事故に遭ってケガをしたケースなどが当てはまります。

自分の所有する自動車、レンタカーなどで旅行中のケガは含まれません。

じょな
じょな

公共交通機関にタクシーが含まれるかどうかは、運賃支払が後払いになることも手伝って、適用されるか判断が微妙な問題のようですね。

宿泊施設滞在中のケガ

宿泊中のホテルで火災が発生し、ケガを負ったとき。

宿泊を伴う募集型企画旅行(パック旅行)参加中のケガ

宿泊を伴うパック旅行参加中、ケガを負ったとき。

宿泊を伴うことが前提となるため、日帰りのパック旅行は対象外となります。

パック旅行は目的地までの往復の交通機関や宿泊施設等がすべて含まれた商品であるため、このパック旅行中に負ったケガに対する国内旅行傷害保険の適用が、もっとも判断のつきやすいケースと言えます。

国内旅行傷害保険はそれほど重視する必要なし?

以上、クレジットカードに付帯する国内傷害旅行保険の内容や、主な適用されるケースについて触れました。

じょな
じょな

日本国内の公共交通機関や宿泊施設は比較的安全であることが多く、また、治療費が高額となりやすい海外旅行と比較して、国内旅行は健康保険等で医療費も低く抑えることが可能な状況であることなどから、クレジットカードの付帯サービスとして国内旅行傷害保険をそれほど重視する必要はないとも言えそうです。

パック旅行等の申込みと合わせて傷害保険に加入する方法もある

最近は、パック旅行や往復の交通手段と宿泊ホテルのみセットになった旅行商品に申し込む際、合わせて旅行期間中の傷害保険に加入することが容易になっています。

特にネットから旅行商品を申し込む場合には、パック旅行の申込み画面からそのまま旅行傷害保険の申込み画面へ進むことも簡単な作りなっていることもあるため、旅行の都度、これらの旅行傷害保険への加入でカバーする方法でも十分でしょう。

クレジットカードでカバーするなら自動付帯が気軽

もし、旅行の頻度が高くそのたびごとに傷害保険へ加入するのは手間だと感じるのであれば、国内旅行傷害保険が自動付帯となっているクレジットカードを1枚作っておくのも手です。

JCBゴールドカードは、国内旅行傷害保険が自動付帯であり、また補償内容も比較的充実していることから、こういった用途には向いています。

じょな
じょな

家族カードの発行も1枚目は年会費無料なので、夫婦とも国内旅行傷害保険の自動付帯されるカードを持ちたいときには、実質的な年会費を半分に抑えることが可能です。

公式サイト:JCBゴールドカード