JCB CARD WとJCB一般カードを比較すると何が違うのか

JCB CARD WとJCB一般カード クレジットカード

JCB CARD WとJCB一般カードは、いずれもJCBオリジナルシリーズ(ORIGINAL SERIES)に属するクレジットカードです。

JCB CARD Wは年会費無料と高いポイント還元率がウリなので、そこに差があることは明白ですが、両カードの間には他に違いがあるでしょうか。

そのあたり、簡単にまとめてみました。

JCB CARD WとJCB一般カードの比較

JCB「W」JCBカード(一般)は、どちらもJCBオリジナルシリーズのエントリーカード的な位置づけであるため、結論から言ってしまえば年会費とポイント還元率以外に大きな違いはほとんどありません。

じょな
じょな

「じゃあ、年会費無料で高還元率のJCB CARD Wで決まり!」となりそうですが、一般カードが勝っている点も無きにしも非ず。

申込み方法と申込み対象年齢の違い

カード申込みの方法は、JCB CARD Wがウェブからの申込みオンリーなのに対して、JCB一般カードはウェブ以外から(アナログな方法で)の申込みが可能です。

カード申込みの対象年齢については、JCB CARD Wは年齢層が比較的低い層を対象としたカードで、申込み時点で18歳以上39歳以下という年齢的な条件が設定されています。

一方、JCB一般カードは申込み対象年齢が「18歳以上」と下限のみ設定されているに留まり、上は何歳でも申し込むことが可能です。

カード名 申込み対象
JCB CARD W 18歳から39歳まで
JCB一般カード 18歳以上

年会費の違い

カードの年会費は、JCB CARD Wが無料なのに対して、JCB一般カードはオンライン入会で初年度無料、翌年度からは1,250円+税となります。

ただし、JCB一般カードはMyJチェック(ウェブ利用明細)の登録と前年度(※1)の利用総額50万円以上なら年会費が無料になるため、ショッピングで年間50万円以上をコンスタントに決済する場合には、いずれのカードでも年会費無料で使えます。

ゼロ円

※1 集計期間はカード作成から1年間ではなく、毎年12月16日~翌年12月15日です。そのため、JCB一般カードは年の後半に加入するほど、翌年度の年会費無料を適用させることが難しくなります。

カード名 年会費
JCB CARD W 無料
JCB一般カード 1,250円+税
※ウェブ申込みで初年度無料
※MyJチェック登録と年間50万円以上のショッピングで、翌年度の年会費が無料
じょな
じょな

メインカードとして年間50万円を超えて決済を集中させるなら年会費の差は生じませんが、サブのカードとして使うならJCB一般カードだと維持費がかかることになります。

家族カード年会費の違い

JCB CARD Wは家族カードの年会費も無料なので、家族複数名でこのカードを作ってポイントをガッツリ貯める使い方もできます。

一方、JCB一般カードのほうは家族カードの年会費が1枚につき400円+税かかるのが原則で、本会員の年会費が無料になる場合のみ、家族カードの年会費も無料になる仕組みをとっています。

カード名 家族カード年会費
JCB CARD W 無料
JCB一般カード 400円+税
※本会員の年会費が無料の場合は無料
じょな
じょな

こちらも、メインカードとして決済を集中させる場合は差がなくなりますが、サブカードとして使うならJCB CARD Wのほうが維持費がかかりません。

ポイント還元率の違い

JCB CARD Wは、実質的なポイント還元率が1%です。日々の決済をこのカードに集中させて、たとえば年間100万円をJCB CARD Wで支払うとすれば、1万円分のポイントが還元されることになります。

一方、JCB一般カードの実質的なポイント還元率は、0.5%です。年間100万円をJCB一般カードで支払うなら、5,000円分のポイントが還元されることになりす。

カード名 ポイント還元率
JCB CARD W 1%
JCB一般カード 0.5%
じょな
じょな

JCBオリジナルシリーズの一般的な還元率の2倍になることが、JCB CARD Wのウリの1つなので、ポイント還元率に関してはWのほうがかなりお得です。

発行までに必要な日数の違い

クレジットカードを新たに発行するときにかかる日数は、JCB CARD Wが最短3営業日程度、JCB一般カードも通常の申込みでは最短3営業日程度ですが、ウェブから「最短当日発行」を選択することで早ければ翌日には入手することができます。

もちろん、これらの日数は「最短」の場合なので、審査の流れしだいでは1週間、2週間と日数を要する可能性もあります。

カード名 発行までの日数
JCB CARD W 最短3営業日
JCB一般カード 最短当日発行
じょな
じょな

とはいえ、JCB一般カードの「最短当日発行」は、ネットからの申込みではもっとも日数のかからないスピード発行であることは確かです。

デザインの違い

JCB CARD Wは、JCB一般カードのWEB限定デザインとほぼ同じカードデザインです。

右上に「W」が付いているかいないか、くらいの差しかありません。

JCB一般カードには通常デザイン、ディズニーデザインなども用意されているため、カードのデザインを好きなものから選択できる長所があります。

カード名 デザイン
JCB CARD W 1種類(ただし女性向けのplus Lあり)
JCB一般カード 3種類
・通常デザイン
・ディズニーデザイン
・WEB限定デザイン

旅行保険の違い

JCB CARD WとJCB一般カードでは、海外旅行保険と国内旅行保険、いずれも補償内容等に違いがあります。

海外旅行傷害保険

補償額は、死亡・後遺障害についてJCB CARD Wのほうが最高額が減額されています。

JCB CARD W JCB一般カード
死亡・後遺障害 2,000万円 3,000万円
傷害治療(1事故) 100万円 100万円
疾病治療(1疾病) 100万円 100万円
賠償責任 2,000万円 2,000万円
携行品損害 1旅行中20万円限度
保険期間中100万円限度
1旅行中20万円限度
保険期間中100万円限度
救援者費用 100万円 100万円

※表はいずれも最高額。

海外旅行保険では、傷害や疾病の治療に対する補償が厚いほうが安心です。(日本国内と異なり、健康保険で安価に診療・治療を受けることが難しいため)この点、JCB CARD WもJCB一般カードも差がありません。

傷害治療・疾病治療の保険額は所持カード合算で適用可能ですから、年会費無料で海外旅行の傷害治療・疾病治療保険の付帯するエポスカード等を組み合わせておくと短所を補えます。

エポスカードはマルイだけでなく幅広い優待割引でもお得
はマルイの実店舗やネットショップを利用する人には、かなり便利かつお得に使えるクレジットカードです。 とはいえエポスカードには、「エポスカード=マルイのカード」と単純に考えてしまうのはもったいないほど、多くの特典や優待割引制度が用意され...

国内旅行傷害保険

JCB CARD Wには国内旅行傷害保険は付帯しません。一方、JCB一般カードは利用付帯で国内旅行傷害保険が適用されます。

JCB CARD W JCB一般カード
死亡・後遺障害 なし 3,000万円

※表はいずれも最高額。

国内旅行傷害保険が付帯するJCB一般カードですが、その内容は「死亡・後遺障害」のみカバーされます。入院費用や通院費用の補償は含まれていませんので、クレジットカードの国内旅行傷害保険を手厚くしたい場合は、他のカードとの複数発行・所持も検討する必要があります。

じょな
じょな

ただし、国内旅行では健康保険が適用されるはずですから、クレジットカードの国内旅行傷害保険にそこまでこだわる必要はないかも。

クレジットカードの国内旅行傷害保険の内容と適用される主なケース
クレジットカードに付帯する保険として、もっとも目立つ存在なのが海外旅行傷害保険で、逆にかなり地味なのが国内旅行傷害保険です。 自分のカードには付いているのかいないのか。付いているとして、どのような条件でいくら補償されるのか。あまり意識...

ショッピング保険の違い

カードで購入した物品が、万が一、破損してしまったり盗難に遭ったとき、一定額を補償してくれるショッピング保険については、JCB CARD WもJCB一般カードも補償内容は同一です。

利用限度額 100万円
対象 海外
自己負担額 10,000円 / 1事故あたり
対象期間 90日間

原則的には海外でのショッピングのみ保険の対象となり、国内でのショッピングは対象となりません。

クレジットカードのショッピング保険(動産総合保険)の内容と比較
クレジットカードに付帯する保険としては、旅行傷害保険と並びよく話題に上がるのが「ショッピング保険(動産総合保険)」です。保険なので、使わざるをえない状況に陥った人は使うし、そうじゃない人は全く使わない付帯サービスですが、適用条件や補償内容は...

利用明細の違い

JCB CARD Wの利用明細は、発行と同時にMyJCB登録とMyJチェック(ウェブ利用明細)に登録され、紙の明細書は送付されません。利用明細の確認は、ウェブサイトから行うことになります。

JCB一般カードのほうも、MyJCBとMyJチェックに登録すればウェブから明細を確認できますが、MyJチェックではなく紙の明細書を送ってもらうこともできます。

カード名 利用明細
JCB CARD W ウェブのみ(MyJチェック)
JCB一般カード ウェブ明細または紙の明細書

※ただし、MyJチェックの利用は前年利用額とともに年会費無料の条件となっているため、これを外して紙の明細にすると、年会費無料では維持できなくなるデメリットが生じます。

女性向けカードの有無の違い

JCB CARD Wには、女性向けの特典やオプションでの保険加入が可能となるJCB CARD W plus Lというカードがあります。

JCB CARD W自体はデザインが1種類しかありませんが、plus Lを選択すれば女性向けのデザインとなります。

一方、JCB一般カードには女性向けのカードはありません(JCBには他に、女性向けのクレジットカードとしてLINDAカードがあります)

まとめ

以上、JCB CARD WとJCB一般カードとを比較した違いをまとめてみました。年会費やポイント還元率でJCB CARD Wが優位ですが、旅行保険はJCB一般カードのほうが充実しています。

各カード、より詳しい特徴はそれぞれ個別のページで紹介していますので、そちらも合わせてご参照ください。

公式サイト:JCB「W」

公式サイト:JCBカード(一般)

JCB CARD Wは年会費無料と高い還元率が特徴の20代30代にお得なカード
2017年10月に、JCBオリジナルシリーズに新たに加わったJCB CARD Wは、申込みが39歳以下までという制限はあるものの、年会費無料と高いポイント還元率を組み合わせた、非常に魅力的なクレジットカードです。 じょな ...
【JCB一般カード】JCBオリジナルシリーズでもっともベーシックな1枚
JCBオリジナルシリーズ(JCB ORIGINAL SERIES)は、クレジットカードのブランドであるJCBが直接に発行しているカード、いわゆる「プロパーカード」にあたります。JCBのロゴがどこかに入った提携カードは多々ありますが、JCBし...