ANAアメリカン・エキスプレス・カードの比較(一般とゴールドの違い)

クレジットカード

アメリカン・エキスプレスの発行するANAカードであるANAアメリカン・エキスプレス・カード(青い一般のカード)と、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、いずれもANAを利用する(ANAマイルを貯める)予定なら検討候補となるカードです。

ANAアメックスとANAアメックスゴールドの比較

両カードには年会費を筆頭に、様々な違いがあります。本ページではANAアメックス(一般)とANAアメックスゴールドについて、主な違いをまとめました。

年会費の違い

年会費は、ANAアメックスが7,000円+税、ANAアメックスゴールドが31,000円+税と、24,000円の違いがあります。

ただし、ANAアメックスはそのままではカード利用で貯まったポイントをANAマイルに移行することができず、「ポイント移行コース」というオプションを追加する必要があります。このポイント移行コースの年会費が6,000円であるため、ANAマイルへの移行を行う頻度が高い場合は、実質的な年会費は7,000円+6,000円=13,000円+税になります。

カード種類 ポイント移行コース 年会費
ANAアメックス 無し 7,000円+税
有り 13,000円+税
ANAアメックスゴールド 有り(元から含まれる) 31,000円+税

後で触れますが、ポイント移行コースはANAマイルへのポイント移行が可能になるだけでなく、ポイントの有効期間が無制限になるメリットもあります。

頻繁にANAマイルへ移行する人だけでなく、逆にずっとアメックスのポイント(ANAリワードプログラム)として貯めておき、一定以上のポイントが貯まったらANAマイルに移行するとともに海外旅行用の航空券に引き換える予定の人にもお得なオプションです。

じょな
じょな

海外への長距離移動を伴うチケットのほうが、ANAマイルの利用価値が格段に上がるので。

家族カードの年会費の違い

家族カードの年会費は、ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般)が2,500円+税、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードが15,500円+税です。

カード種類 家族カード年会費
ANAアメックス 2,500円+税
ANAアメックスゴールド 15,500円+税

ANAアメックス本カードの年会費は7,500円+税、家族カードの年会費は2,500円+税、合わせて10,000円+税であることから、ANAアメックスはANAアメックスゴールドと比較検討されるだけでなく、プロパーの(提携カードではない)アメックス・グリーンカードとも比較されることの多いクレジットカードです。

カード種類 本カード年会費 家族カード年会費 2枚合計
アメックス・グリーン 12,000円+税 6,000円+税 18,000円+税
ANAアメックス 7,500円+税 2,500円+税 10,000円+税

夫婦なら年会費10,000円+税が維持費となるため、アメックス・グリーンよりも維持費を抑えつつ、それなりの付帯サービスを受けることができるので比較検討されやすいわけです。

逆に、ANAアメックスゴールドは家族カードの年会費がそれなりの金額であるのに対して、プロパーのアメックスゴールドは1枚目の家族カードが無料であるため、プロパーのゴールドカードのほうが維持費を安く抑えられます

カード種類 本カード年会費 家族カード年会費 2枚合計
アメックス・ゴールド 29,000円+税 1枚目無料 29,000円+税
ANAアメックスゴールド 31,000円+税 15,500円+税 46,500円+税

ETCカード年会費の違い

ETCカードにかかるコストは、ANAアメックス、ANAアメックスゴールドともに年会費は無料です。ただし、ETCカードを発行する際、手数料として850円かかります。

カード種類 ETC年会費
ANAアメックス 無料
※発行手数料850円
ANAアメックスゴールド

ポイント(マイル)還元率と有効期限の違い

ANAアメックス、ANAアメックスゴールドともに、カード利用でANAリワードプログラムというポイントが貯まります。このポイントは100円につき1ポイント付与されるのが原則で、1,000ポイントで1,000ANAマイルへ移行することができるため、ANAマイルへの還元率は1%になります。

上で触れましたが、ANAアメックス(一般)の場合、ポイントをANAマイルへそのまま移行することができず、オプション扱いの「ポイント移行コース」へ申し込む必要があります。

ポイント移行コースの年会費6,000円は割高に感じてしまいますが、逆に考えれば「ポイントに移行する予定のない年は無駄なコストがかからない」ことになります。

じょな
じょな

必ず移行できるかわりに年会費が常に13,000円であるより、移行しない年は7,000円で済んだほうがお得感はありますよね。

ポイント移行コースの加入の有無によって、ポイント自体の有効期限に違いが発生します。

カード種類 ポイント移行コース ポイント有効期限
ANAアメックス 未加入 3年
加入 無期限
ANAアメックスゴールド 元から含まれる 無期限

こちらも既に少し触れましたが、ポイントの有効期限を無期限にしてずっと続けるほうが、結果としてよりお得な航空券と引き換えることが可能になり(ポイント移行コースの年会費を考慮したとしても)断然メリットがある場合も考えられます。

じょな
じょな

ゴールドではないANAアメックスのポイント有効期限は3年あるので、このあたりはANAマイルをどう活用するか(どんな航空券をゲットするか)模索しつつ、3年目で移行コースの要否を検討してみるのもありですね。

ANAグループで利用する場合の還元率の違い

ANAグループの航空券や旅行商品、機内販売などにANAアメックス(一般)カードを利用すると、カード利用額100円につき1ポイントの通常ポイントに加えて、 カード利用額200円につき1ポイントのボーナスポイントが加算されるため、実質的には1.5%まで還元率が上がります。

ANA 飛行機

ANAアメックスゴールドの場合は、カード利用額100円につき1ポイントの通常ポイントに加えて、1ポイントのボーナスポイントが加算されるため、実質的には2%まで還元率が上昇します。

ボーナスマイルの違い

ANAアメックス(一般)、ANAアメックスゴールドともに、カード入会時や継続時(入会から1年毎)にボーナスとしてANAマイルが付与されます。

ANAアメックスは入会ボーナス、継続ボーナスともに1,000ANAマイル、ゴールドは2,000ANAマイルの付与なので、ボーナスマイルだけを考えると年会費の安いANAアメックスのほうがよりお得感があります。

カード種類 入会ボーナス 継続ボーナス
ANAアメックス 1,000マイル 1,000マイル
ANAアメックスゴールド 2,000マイル 2,000マイル
じょな
じょな

ANAマイルの継続ボーナスはJALマイルと異なり、飛行機を利用しなくとも定期的に付与されるのはお手軽ですね。

フライトマイルのボーナス

ANA便に搭乗したときに付与されるフライトマイルについては、ANAアメックス(一般)では「区間基本マイレージxクラス・運賃倍率x10%のボーナスマイル」が加算されます。

ANAアメックスゴールドの場合は「区間基本マイレージxクラス・運賃倍率x25%のボーナスマイル」となりますので、ANAグループを実際に利用する場合(特に国際線利用の場合)は、年会費の差を考慮してもANAアメックスゴールドのほうがお得になる可能性があるため、要検討です。

カードのデザインの違い

ANAアメックスカードは、ラメのような光を反射する素材が使われているにもかかわらず、全体としては上品な雰囲気を持ったカードデザインです。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

色味もどぎつくなく、淡い色を基調として落ち着いたカラーが使われているため、店頭で取り出して使いやすいカードの1枚だと思います。

AMERICAN EXPRESSのロゴマークは、同じ青系統のANAアメックス(一般)とより馴染んで見えますが、逆にゴールドカードのほうがSTAR ALLIANCEの黒いロゴマークは違和感がありません。

じょな
じょな

個人的には、ANAアメックスカードはかなり好みのデザインです。

旅行保険の違い

ANAアメックス(一般)とANAアメックスゴールドの年会費にはかなり差がありますが、年会費の差が大きく影響してくるのが、海外・国内旅行保険の充実度です。

海外旅行保険

ANAアメックス(一般)は利用付帯、ANAアメックスゴールドは自動付帯になっているため、ANAアメックス(一般)は旅費などをこのカードで支払うことが保険適用の条件となります。

ANAアメックスゴールドのほうは自動付帯のため、カードを所持しているだけで一定の海外旅行保険が適用されます(利用付帯分も定めがあるため、カードを使って旅費等を決済するほうが保険の最高額は上がります)。

ANAアメックス ANAアメックスゴールド
条件 利用付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 3,000万円 1億円
(うち自動付帯5,000万円)
傷害治療 100万円 300万円
(うち自動付帯200万円)
疾病治療 100万円 300万円
(うち自動付帯200万円)
賠償責任 3,000万円 4,000万円
携行品損害 30万円 / 1旅行
100万円 / 年間限度額
※免責3,000円
50万円 / 1旅行
100万円/年間限度額
※免責3,000円
救援者費用 200万円 /保険期間中 400万円 /保険期間中
(うち自動付帯300万円)
家族特約

※金額はいずれも最高額。

ANAアメックスは一般カードでも年会費がそこそこの金額なので、海外旅行保険の内容は他の年会費無料のクレジットカードと比較すればそれなりに充実しています。一般カードでも家族特約が付帯しているのは、アメックスらしい特徴ではないでしょうか。

とはいえ、全体的にはANAアメックスゴールドの圧勝で、保険関係を充実させたいならゴールドカード一択といってよいほどです。

ただし、傷害治療・疾病治療の保険額はANAアメックスゴールドでもまだ心許ない可能性があるので、合算適用可能なことを前提に、EPOSカードなど年会費が無料であるにも関わらず自動付帯で傷害治療・疾病治療の保険が付帯するカードを合わせて所持しておくとより安心です。

エポスカードはマルイだけでなく幅広い優待割引でもお得
はマルイの実店舗やネットショップを利用する人には、かなり便利かつお得に使えるクレジットカードです。 とはいえエポスカードには、「エポスカード=マルイのカード」と単純に考えてしまうのはもったいないほど、多くの特典や優待割引制度が用意され...

国内旅行保険

国内旅行保険については、ANAアメックス(一般)、ANAアメックスゴールドともに利用付帯が条件となるため、旅費等をカードで決済する必要があります。

ANAアメックス ANAアメックスゴールド
条件 利用付帯 利用付帯
死亡・後遺障害 2,000万円 5,000万円

ショッピング保険(動産総合保険)の違い

クレジットカードで購入した商品が、一定期間内に破損してしまったり、盗難にあってしまったとき、その購入額を補償してくれるのがショッピング保険です。

アメリカン・エキスプレスではショッピング・プロテクションという名称ですが、ANAアメックス(一般)とANAアメックスゴールドでは、このショッピング・プロテクションの最高額にも違いがあります。

ANAアメックス ANAアメックスゴールド
ショッピング・プロテクション 200万円まで / 年間 500万円まで /年間
対象 国内・海外 国内・海外
期間 90日 90日
自己負担 10,000円 10,000円

いずれも対象は国内・海外とも含まれます。

アメリカン・エキスプレスのショッピング保険は他のカードよりも適用範囲が広いメリットがあるものの、自己負担額は10,000円であることがデメリットとなることもあります。

じょな
じょな

比較的高価な物品を購入する場合でなければ、自己負担額の範囲で収まってしまう可能性があるので。

クレジットカードのショッピング保険(動産総合保険)の内容と比較
クレジットカードに付帯する保険としては、旅行傷害保険と並びよく話題に上がるのが「ショッピング保険(動産総合保険)」です。保険なので、使わざるをえない状況に陥った人は使うし、そうじゃない人は全く使わない付帯サービスですが、適用条件や補償内容は...

その他の保険の違い

ショッピング・プロテクションはANAアメックス(一般)とANAアメックスゴールドで最高額の違いはあれど、どちらのカードでも利用可能な保険です。

一方で、ANAアメックスゴールドでなければ適用されない保険として、リターン・プロテクションとキャンセル・プロテクションがあります。

リターン・プロテクションは、商品を購入した店舗が返品を受け付けない場合に、アメックスに商品を返却することによって購入代金が払い戻される保険です。

キャンセル・プロテクションは、急な出張や病気などで旅行・コンサート等をキャンセルせざるをえなくなったとき、一定の損害額を補償してくれる保険です。

じょな
じょな

使う状況に陥ることは稀かもしれませんが、旅行のチケットを購入する段階で、「もし行くことができなかったら……」という不安感を払拭してくれる効果は意外と大きそう

空港ラウンジ・専用カウンターの利用

ANAアメックスカードは、青色の一般カードでも空港のラウンジ(カードラウンジ)を利用することが可能です。しかも同伴者1名も無料なので、このあたりは一般カードとはいえそれなりの年会費に見合ったサービスだなと思わされます。

空港ラウンジの利用

ANAアメックス ANAアメックスゴールド
カードラウンジの利用
同伴者 1名無料 1名無料
ANAラウンジ

プライオリティ・パス

一方、海外の空港ラウンジ利用に便利なプライオリティ・パスに関しては、ANAアメックス(一般)だけでなく、ANAアメックスゴールドでも発行することができません。

ANAアメックス ANAアメックスゴールド
プライオリティ・パス
じょな
じょな

プライオリティ・パスはプラチナカードの付帯サービスと位置づけられていることも多いとはいえ、年会費を考慮するとANAアメックスゴールドでもプライオリティ・パスは発行できないというのは、ちょっと意外な感じもしますね。

国際線のビジネスクラス専用カウンター

ANAアメックスゴールドの場合、本会員に限られますが、ANA国際線エコノミークラスに搭乗するときにも、ビジネスクラス専用カウンターを利用することができます。

手荷物宅配サービス

ANAアメックス、ANAアメックスゴールドともに、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港の海外便利用時は、自宅への(帰宅時の)手荷物宅配が無料サービスとなっています。

旅行

羽田空港が含まれていないため、羽田の国際便をよく使うならANAアメックスではなくプロパーのアメックスカードのほうが利便性が上がります。

また、ANAアメックス(一般)、ANAアメックスゴールドともに、無料になるのは帰りの利用(自宅までの宅配)に限られます。

じょな
じょな

行きの自宅から空港までの宅配も利用したい場合は、プロパーのアメックスカードなら往復無料となるため検討する価値があります。

切替可能なカードの違い

ANAアメックス(一般)は、ANAアメックスゴールドやANAアメックスプレミアム(ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード)への切替が可能です。同様に、ANAアメックスゴールドは、ANAアメックス(一般)またはANAアメックスプレミアムへの切替が可能です。

使いたい付帯サービスや環境・状況の変化に応じて切替ながら使えるメリットがあります。が、ANAアメックスのプラチナカードであるプレミアム・カードの年会費は150,000円+税かかります。

じょな
じょな

ゴールドからプレミアムへの切替には120,000円近い差額となるため、一般・ゴールド間の切替ほど気軽には行うことができません。

SFCカードへの切替

一方で、ANAのSuper Flyer’s Card(スーパーフライヤーズカード)への切替は、ANAアメックス(一般)は対応しておらず、ANAアメックスゴールド、ANAアメックスプラチナが対応しています。

ANAアメックス(一般)のままSFCの要件を満たしそうな場合は、ANAアメックスのゴールドカードを予め発行しておくか、早めに切り替えておくほうが無難です。

まとめ

以上、ANAアメックス(一般)とANAアメックスゴールドの違いについてまとめました。

ANAアメックス(一般)が向く人

青いANAアメックスカード(一般カード)は、主に国内のショッピングでマイルを貯めつつ、自分一人か夫婦2人でたまに飛行機を利用する人に向いています。

じょな
じょな

アメリカン・エキスプレス・カードを作りたいが、無料で発行できる提携カードよりは、付帯サービスの内容が充実しているカードが欲しい人や、プロパーのアメックス・グリーンカードよりも維持費を抑えてアメックスのカードを所持したい人にも検討候補となるカードです。

公式サイト:ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメックスゴールドが向く人

一方、ANAアメックスゴールドはANAグループの利用で様々な特典があることから、実際にANA便をよく利用している人に向いています。

じょな
じょな

それほどANA便を利用する頻度が高くなくても、ANAアメックスゴールドは本カード会員の保険が充実していて、かつ家族特約が付帯することから、家族で海外旅行に行く予定がある場合にも発行を検討する価値のあるカードです。

タイトルとURLをコピーしました