クレジットカードに付帯する海外旅行保険の活用

クレジットカード

クレジットカードには、決済手段という面だけでなく旅行保険という面も併せ持っているカードが多くあります。その中でも、海外旅行保険は万が一の場合に補償される最高額が高額となることから、クレジットカードのキャンペーンでも大きく取り扱われることのある付帯サービスです。

スポンサーリンク

クレジットカードの海外旅行保険で押さえておきたいポイント

クレジットカードの海外旅行保険は補償されるための条件が定められているため、「このカードには旅行保険が付いているから安心」と思っていても、実際に傷害や疾病が発生したり、持ち物が破損・盗難に遭ったりしたとき「保険の対象外です」という結果になりかねません。

ここでは、クレジットカードの海外旅行保険の主な内容や適用される条件を中心に、押さえておきたいポイントをまとめました。

利用付帯と自動付帯の違い

クレジットカードに付帯する海外旅行保険は「利用付帯」と「自動付帯」に分かれます。旅行保険が適用されるためには、旅費等をそのカードで決済することが条件なのが「利用付帯」、カードを所持しているだけで適用されるのが「自動付帯」です。

クレジットカード

基本的には、旅費等の決済にかかわらず保険適用の可能性がある「自動付帯」のクレジットカードのほうが、海外旅行時の保険は手間がかからず便利です。

利用付帯と自動付帯を意識せず、旅費をクレジットカードではなく現金で支払った後、海外旅行保険が利用付帯のカードを海外へ持って行くと、本来なら保険適用となる状況に陥っても(他に任意で海外旅行保険に加入していない限り)補償されなくなってしまいます。

普段使っているクレジットカードに海外旅行保険が付帯する場合、適用となる条件が利用付帯なのか自動付帯なのかは、確認しておくほうがよいです。

なお、自動付帯のクレジットカードでも、そのカードで旅費等を決済した場合には利用付帯分として補償が別途加算されるものが多くあります。

海外旅行保険の主な内容

クレジットカードの海外旅行保険は、次のような損害を補償してくれる内容になっています。ただし、クレジットカードによってどこまで補償されるのか、いくらまで補償されるのかは規定が異なります。

死亡・後遺障害 海外で何らかの事故に遭い死亡してしまった、あるいは障害が残ってしまったとき
傷害治療 海外でケガをしてしまったとき
疾病治療 海外で病気になってしまったとき
損害賠償 海外でお店のモノを壊したとか、不慣れなホテルで使い方を誤って損害を発生させてしまったとき等
携行品損害 海外旅行に持って行ったモノを破損してしまったり、盗難に遭ったとき
救援者費用 ケガ・病気が重く、家族に海外まで来てもらうとき等

クレジットカードの広告・宣伝などでは、補償の最高額が大きな死亡・後遺障害を「最高1億円まで補償」などと目立たせて記載していますが、海外旅行で保険を適用する可能性が高いのは傷害治療・疾病治療と、携行品損害なので、カード付帯の海外旅行保険を重視する場合はこの項目の額をしっかり確認しておくべきです。

特に、海外で傷害や病気になったとき、病院へ行って治療してもらうと日本国内とは比べものにならないくらい高額の治療費を請求されることもあるため、日本国内の旅行における傷害・疾病とは別物と捉えて検討しておく必要があります。

クレジットカードの治療費補償は複数枚を重ねて適用できる

クレジットカードの海外旅行保険では、死亡に関しては所持するクレジットカードのうち最高額の保険が適用となりますが、傷害治療や疾病治療に関しては、所持するクレジットカードの補償額を重ねて適用させることができます。

そのため、海外旅行で万が一の場合にはクレジットカードの保険活用を検討するなら、傷害治療や疾病治療の額を十分補填できるよう、複数枚のクレジットカードを組み合わせて所持しておくと安心です。(※ただし、同じカード会社が発行するカード同士など、重ねて適用されないカードの組み合わせもあります。)

この点、他の記事でも何度か触れていますが、EPOSカードは年会費が無料であるにもかかわらず、傷害治療・疾病治療に関する保険が自動付帯となっているクレジットカードなので、組み合わせて所持するのに適したカードの1枚といえます。

エポスカードはマルイだけでなく幅広い優待割引でもお得
はマルイの実店舗やネットショップを利用する人には、かなり便利かつお得に使えるクレジットカードです。 とはいえエポスカードには、「エポスカード=マルイのカード」と単純に考えてしまうのはもったいないほど、多くの特典や優待割引制度が用意され...

キャッシュレス診療

治療費を支払ってから補填してもらうのではなく、治療する時点で支払う必要がないのが「キャッシュレス診療」です。多くのクレジットカードがキャッシュレス診療に対応してきましたが、これがあると現地で現金等(※)を持ち合わせていなくとも、ひとまず医療機関で治療を受けることができます。

※カードの海外旅行保険の問題であるため、つい「現金がなければカードで払えばいいのでは?」と考えてしまいがちですが、現地の医療機関がクレジットカードに対応しているかは分かりませんし、日本より治療費が高額になりやすいことから、カードの利用限度額で賄えるとも限りません。

キャッシュレス診療を行う場合、一度クレジットカード会社に問い合わせを行って、提携する医療機関を教えてもらってから足を運ぶ流れが一般的です。

このキャッシュレス診療にかんしては対応していないクレジットカードもあるので、普段クレジットカードの旅行保険を気にせずカード決済している人は、海外旅行の前に念のため確認しておくほうがよいかもしれません。

家族特約

クレジットカードの海外旅行保険は、本カード会員や家族カード会員(実際にカードを所持している人)が対象であり、その家族は原則的に対象外となります。

そのため、家族と一緒に海外旅行へ行く場合には、家族カードの発行も検討することになりますが、クレジットカードに家族特約というものが付帯していれば、本カード会員以外の(その旅行に同行する)家族が傷害等を負ったときも一定の額、保険が適用されます。

家族特約については、特約に含まれる家族の範囲が各クレジットカードによって異なります。基本的に、この家族特約というのは家族カードも作れないような子供と一緒に海外旅行をする場合が想定されていますが、アメリカン・エキスプレス・カードのように、配偶者も家族特約の家族に含まれるカードもあります。

補償期間

クレジットカードの海外旅行保険は、90日間です。そのため、90日を超えて外国へ滞在する場合には、他の旅行保険への加入を検討する必要が生じます。

ただし、海外旅行前に旅費を支払ったのとは別の利用付帯型のクレジットカードで、現地の交通機関を利用する場合には、結果として90日を超えて旅行保険でカバーされる可能性もあります。

クレジットカードの海外旅行保険だけで安心か

「クレジットカードに付帯する海外旅行保険だけで十分」「いやいや、カードの保険は不十分なので海外へ行くときは旅行保険に別途加入する必要あり」というやり取りは、ネットでもよく目にします。

これは一概に「こっちのほうが正しい」といえる問題では無く、ケースバイケースでいずれがより安心できるか、コストが妥当であるか判断する必要があります。

治療保険の額を確認する

前述のとおり、保険として使う可能性が高いのは傷害治療・疾病治療、および携行品損害であるため、まずはこの2つが所持するカードでどのようにカバーされるのか確認します。

これらの保険が自動付帯で、かつ重ねて適用可能な関係のカードを複数枚用意することができれば、保険金の額は大抵の場合カバーできる程度まで積み重なるのではないでしょうか。

渡航先の国はどこか

ただし、医療費が高額になりやすい国・地域に旅行する場合は、クレジットカードの治療保険のみでは心許ない場合もあるかもしれません。

アメリカなどは医療費がかなり高額になりやすいので、クレジットカードに付帯するものではなく、海外旅行保険に別途加入することも要検討です。

滞在期間は何日か

これも既に触れたとおり、クレジットカードの海外旅行保険は90日間という期限があります。そのため、90日を超えて海外に滞在する場合は別途、旅行保険への加入を検討したほうがよいです。

保険にかかるコストと手間の問題

以上を考慮しつつ、最終的には海外旅行にかんする保険のコスト、および保険加入の手間も含めて、総合的に判断することになります。

ちょっとした海外旅行に高額の保険料がかかると、旅行全体の費用に占める保険の比率が大きくなりすぎます。滞在日数と見合った保険料の掛け捨て型の保険を探して、場合によってはクレジットカード付帯の保険だけで済ませるかどうか比較検討です。

最近は、以前と比較して旅行のときだけ加入する保険のコストや手間もこなれてきた感があります。旅費に占める保険料の割合がそこまで高くならないような保険であれば、クレジットカードに付帯する保険に拘泥せず、別途加入することによって旅行中の安心には繋がるでしょう。