三井住友ビジネスカード for Ownersは最初に作る法人・個人事業主のカードとしてオススメ

三井住友ビジネスカード for Owners クレジットカード

三井住友ビジネスカード for Owners(フォー オーナーズ)は、三井住友カードの発行する個人事業主や中小企業経営者向けのビジネスカードです。三井住友カードからは他に、fow Ownersの付かない「三井住友ビジネスカード」も発行されていますが、これと比較するとfow Ownersのほうがより小規模の事業者を対象としているカードのようです。

三井住友ビジネスカード for Ownersは、カード発行元が三井住友カードであり、信頼感・安心感がある上で、クラシック(一般)カードなら比較的安価な年会費で維持できるところが魅力です。

三井住友ビジネスカード for Ownersの主な特徴

個人事業主を含む比較的小規模な法人向けのクレジットカードなので、起業して間もない時期に導入するのにも向いている三井住友ビジネスカード for Owners。主な特徴を以下にまとめました。

法人口座・屋号付き口座を設定可能

三井住友ビジネスカード for Ownersの特徴は、一般的な個人向けカードと異なり、法人口座や屋号付きの口座を設定できることです。

そもそも、個人向けのクレジットカードは生計費決済が原則であることから、仕入れ代金等の事業費決済を認めていないカードが多いのですが、三井住友ビジネスカード for Ownersの場合は事業費の決済向けカードであることから、口座も個人口座ではなく法人口座(または個人事業の場合は屋号付きの口座)を設定することが可能です。

個人用のクレジットカードと法人用(個人事業用)のクレジットカードを分けることによって、「これは私用」「これは経費」と、商品を購入したりサービスを利用する際、カードを切り替えることで用意に出費の内訳を振り分けることができます。

じょな
じょな

何らかの商品を仕入れるとき銀行振込だと振込手数料がかかってしまいますが、クレジットカード決済が可能ならその手数料分が浮くため経費削減にも繋がりやすいメリットもありますよね。

申込み・審査がビジネスカードとしては比較的簡易

三井住友ビジネスカード for Ownersは、法人として申込み・審査を受けるのではなく、法人代表者個人として申込みを行い、審査されるタイプのクレジットカードです。

法人自体が審査されるタイプのクレジットカードは、申込みの際に用意すべき書類が多くなります。

また、決算書等の内容も確認されるため、規模の小さな企業・個人事業においてはたまたま提出しにくい事業年度の場合も考えられます。

一方、三井住友ビジネスカード for Ownersの場合は法人代表者(個人事業主)個人として申込み・審査が行われるため、一般的な個人向けのクレジットカードを作る場合と手続き内容がほとんど変わりません。

結果、少ない手間と短い期間で、法人口座(または屋号付きの口座)を設定可能なクレジットカードを作ることができます

じょな
じょな

私はこの三井住友ビジネスカード for Ownersを作る前に、三井住友カードの発行するクレジットカードを既に利用していました。それもあってか、審査が途中で止まることも何か聞かれることもなく、非常にあっさりと発行してもらうことができました。

年会費もビジネスカードの中では比較的安価

三井住友ビジネスカード for Ownersにはクラシック、ゴールド、プラチナ、3種類のカードがラインアップされています。この中ではクラシック(一般)カードの年会費が、ビジネスカードの中では比較的安価です。

種別 年会費
本会員 1,250円+税
パートナー会員(1名) 400円+税

クラシックカードとゴールドカードは初年度年会費無料。翌年度の年会費は個人向け三井住友VISAカードと同様に、「マイ・ペイすリボ」の登録等によって割引制度があり、クラシックカードは年会費無料のまま運用することもできまうs。

前述のとおり、事業費決済が可能なクレジットカードがあると、銀行口座への振込手数料をコストカットできる場面が増えます

じょな
じょな

年会費自体を経費計上できますし、これくらいの年会費だと、あっても無いようなものかもですね。

クラシック・ゴールド・プラチナと3種類から選べる

三井住友ビジネスカード for Ownersは、上で少し触れましたがクラシック(一般)、ゴールド、プラチナと3種類のカードがラインアップされています。

それぞれ年会費が異なりますが、事業費を決済する額に応じて(つまり利用限度額に応じて)、また利用予定の附帯サービスに応じて、3種類のカードから一番ピッタリくるものを選べるのは長所です。

また、ゴールドの上にプラチナが設定されたので、事業規模が大きくなっていくのに合わせて、カードの種類を切り替えていくことも可能になりました。

国際ブランドも2種類から選択可能、引落口座も分けられる

クレジットカードのブランドは、VISAとMasterから選択可能です。個人向けの三井住友VISA(Master)カード同様、デュアル発行にも対応しています。

個人事業だとデュアル発行にメリットを感じない人でも、事業費決済だと口座を分けることのメリットを享受できる人も多いかもしれませんね。

用途別に使うカードを分ければ経費等の計算も容易になりますし、そうじゃなくて銀行口座を複数開いている個人事業主の場合でも、単純に「いまはこっちの口座から引き落としてもらうほうがいいなぁ」的な使い方もできるので便利です。

そしてそもそも、国際ブランドがVISAかMasterなら、大抵の商業施設・サービスで利用できるのも大きなメリットですよね。事業用のクレジットカードをせっかく作るなら、できる限り幅広く活用して利便性を高めたいですから。

パートナーカード(従業員カード)も作成可能

三井住友ビジネスカード for Ownersは代表者個人が申込み・審査されるタイプのクレジットカードで、規模も比較的小さい企業(または個人事業)を対象としていますが、コーポレートカード同様にパートナーカード(従業員カード)を作ることができます。

本会員カードとパートナーカード(クラシック)の年会費

会員種別 年会費
本会員 1,250円+税
パートナー 400円+税

三井住友ビジネスカード for Owners パートナーカード

じょな
じょな

ウチのように家族経営的な会社だと、自分だけでなく奥さんも会社としてのクレジットカードを持てると、経費立替などが発生する場面が著しく減るため帳簿・計算が容易になります。

締日、引落日を選択できる

三井住友ビジネスカード for Ownersは、カードの締日と引落日を2つの候補から選択できます。

15日締め 翌月10日支払い
月末締め 翌月26日支払い

事業内容や取引先等の事情によって、締日や引落日が選択できるのは、事業費決済のビジネスカードとしては便利な特徴ですよね

じょな
じょな

ウチの会社の場合、本当は月末締めの翌月26日払いが便利なのですが、他のビジネスカードが既に15日締め翌月10日払いになっているため、合わせるほうが管理が楽なのでそちらを選択しました。

Apple PayではiDとして登録・利用可能

三井住友ビジネスカード for OwnersをiPhoneに登録することで、電子マネーiDとして決済に利用することができます。

利用する商業施設や決済の額によっては、クレジットカード自体ではなくカードと紐付けた電子マネーとして使うほうが便利なこともあります。

この点、三井住友ビジネスカード for OwnersならApple Pay登録も可能ですし、スマートフォンに登録しない場合はiD専用のカードを発行することもできます。

カードのデザインがシンプル

三井住友ビジネスカード for Ownersのカード券面は、パルテノン神殿が配置されるなど個人向けの三井住友VISAカードと類似する部分もありますが、全体としては色味が少なくシンプルなデザインです。

じょな
じょな

仕事で使うクレジットカードはできるだけ目立たせたくないので、個人的には(特にクラシックのシルバー系統の)シンプルなカード券面は気に入っています。

カード券面に会社名を刻印可能

希望すれば、カード券面(前面の左下)に、氏名と並んで会社名を刻印してもらうこともできます。

じょな
じょな

社名を入れるか入れないかは好みの問題もあるかと思いますが、自分の会社名の入ったカードというのは大した理由がなくとも愛着が湧いたりしますよね。

ETCカードやEXプラスカードの追加発行が可能

三井住友ビジネスカード for Ownersは、ETCカードを追加発行することができます。

ETCカードの年会費は500円+税ですが、年1回でもETCカードの利用があれば翌年のETC年会費が無料となるため、ETCカードを仕事で使うことがあるならほぼ年会費のことは考えずに運用できます。

また、東海道・山陽新幹線をお得に利用できる「プラスEX」カードを追加発行することもできます。

出張などで新幹線を利用する機会があれば、作っておくと経済的にも経理的にも無駄を減らすことができます。

三井住友ビジネスカード for Ownersのデメリット

カード発行会社に安心感があり、また年会費も(クラシックカードなら)比較的安価に抑えられるため、三井住友ビジネスカード for Ownersには目立ったデメリットが見当たりません

しかし、敢えて上げるならですが、以下のような点はデメリット、というかウィークポイントと言えなくもありません。

利用限度額が低めに設定されている

事業内容等によって感じ方はそれぞれかと思いますが、三井住友ビジネスカード for Ownersのうちクラシックカードについては利用限度額10~80万円が原則なので、ちょっと使いにくいなと思うケースもありそうです。

利用限度額は約2ヶ月分の決済可能額なので、2で割ると最大でも月40万円程度しか使うことができず、単価の大きな備品を購入した場合には、通常の仕入れに支障をきたす可能性も出てきます。

年会費が安価に抑えられているので仕方ない面もありますが、もし毎月それなりの額の決済を行う予定なら、クラシックカードではなく最初からゴールドカードを発行してしまうほうが無難かもしれません。

他の三井住友VISAカード等と枠が共通

既に三井住友VISAカードなど個人用のクレジットカードを発行している場合、三井住友ビジネスカード for Ownersはそれらの三井住友カード発行のクレジットカードと同じ総理用限度額の枠が設定されます。

そのため、個人用の決済で三井住友VISAカードの利用頻度が高い人だと、for Owners用の限度額があまり残っていないという事態も考えられます。

もともとクラシックカードは枠が低めですが、個人用途のカードと同じ枠にまとめられる点でも、経費を多く使う人には取り回しにくい面がありそうです。

じょな
じょな

場合によっては、利用限度額の総枠を増やすために、個人・ビジネスいずれかのカードをゴールド以上に切り替えることも要検討ですね。

ショッピング保険や旅行保険の充実はゴールドカードから

三井住友ビジネスカード for Ownersのクラシックカードには、ショッピング保険や旅行保険も一応附帯しています。

全く附帯しないビジネスカードと比較すればこの点はメリットですが、法人用のクレジットカードとしてメインで活用していこうという場合には、保険関係が少し弱く感じてしまうかもしれません。

旅行傷害保険 最高2,000万円 ※利用附帯
ショッピング補償 年間100万円 ※海外利用分のみ
クレジットカードに付帯する海外旅行保険の活用
クレジットカードには、決済手段という面だけでなく旅行保険という面も併せ持っているカードが多くあります。その中でも、海外旅行保険は万が一の場合に補償される最高額が高額となることから、クレジットカードのキャンペーンでも大きく取り扱われることのあ...
クレジットカードのショッピング保険(動産総合保険)の内容と比較
クレジットカードに付帯する保険としては、旅行傷害保険と並びよく話題に上がるのが「ショッピング保険(動産総合保険)」です。保険なので、使わざるをえない状況に陥った人は使うし、そうじゃない人は全く使わない付帯サービスですが、適用条件や補償内容は...

まとめ

以上、三井住友ビジネスカード for Ownersの特徴をまとめてみました。

最後に敢えてデメリットに触れましたが、既に何度か触れたとおり、比較的規模の小さな企業・個人事業で導入するビジネスカードとしては、かなり作りやすく使いやすい面があります。

じょな
じょな

経費を使うほどポイントも貯まりますし、作って損というカードではないので、最初に作成するビジネスカードとしても十分検討に値すると思います。

公式サイト:三井住友ビジネスカード for Owners