アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの特徴【意外にも高還元率カードとして使える?】

クレジットカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(American Express Gold Card)は、「ゴールドカード」といえばまず頭に浮かぶくらい、代名詞的な存在の1枚ですよね。

アメックスのゴールドカードはどんなメリットがあるのか、以前はビジネスカードのほうを紹介しましたが、今回は個人向けカードの特徴についてまとめました。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードは東京駅拠点のビジネスが円滑に
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド(AMERICAN EXPRESS BUSINESS GOLD)は、アメックスカードの中でも個人事業主や法人代表向けに発行されているカードです。 もともと事業用途が前提なので、個人向けカード...

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの特徴

年会費

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの年会費は29,000円+税です。

年会費 29,000円+税

他のゴールドカードは10,000円程度の年会費に設定されていることが多いので、アメックスのゴールドカードは年会費がかなり高めの設定です。

たとえばJCBのプロパーカードでは、ゴールドが10,000円+税、プラチナでも25,000円+税なので、アメックスはゴールドでもJCBプラチナカードの年会費より高いことになります。

じょな
じょな

アメックスのゴールドカードを作る際は、この年会費29,000円+税を上回るメリットを得られるかどうかが大きなポイントですね。
初年度年会費の無料キャンペーンは比較的頻繁に行われているので、一度作ってみて、1年かけて利用価値を確認する方法もあります。

家族カードの1枚目は年会費無料

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは現在、1枚目の家族カードを年会費無料で利用することができます。

家族カード年会費 1枚目は無料

アメックスゴールドのどんな附帯サービスを活用するかにもよりますが、夫婦2人で海外旅行をする際、プライオリティ・パスを活用する機会があるなら、実質的な年会費はだいぶ下がるイメージになりますね。

ちなみに家族カードを2枚以上発行する場合は、2枚目から1枚につき12,000円+税の年会費が発生します。

ETCカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、もちろんETCカードを追加発行することができます。

ETCカードを発行する際に手数料がかかりますが、一度発行してしまえば有効期限が切れるまで年会費を要せずに使うことができます。

ETCカード発行手数料 850円+税
ETCカード年会費 無料

ブランド

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのブランドは、名称のとおり「アメックス」です。

海外では主に北米を中心に利用しやすいブランドですが、日本国内ではJCBと提携しているため、JCBカードが使える商業施設・サービスではアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードも使えることが多いです。

じょな
じょな

ただし、一部の商業施設・サービスではアメックスが使えないこともあります。

空港ラウンジ

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには国内28空港+海外2空港のラウンジを使えるサービスが付帯します。

新千歳空港 函館空港 青森空港 秋田空港
仙台空港 羽田空港 成田国際空港 新潟空港
富山空港 中部国際空港 小松空港 大阪国際空港
(伊丹空港)
関西国際空港 神戸空港 岡山空港 広島空港
米子空港 山口宇部空港 高松空港 松山空港
徳島空港 北九州空港 福岡空港 長崎空港
大分空港 熊本空港 鹿児島空港 那覇空港

アメックスゴールドが他の一般的なゴールドカードと異なるのは、指定の空港ラウンジをカード会員本人だけでなく同伴者様1名も無料で利用できる点です。

じょな
じょな

アメックスゴールドの家族カードは1枚目が無料なので、夫婦2名で本会員カード1枚と家族カード1枚を所持することによって、他に子供など同伴者2名も一緒にラウンジを使うことができます。

プライオリティ・パス

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、国内外のVIPラウンジを利用できるプライオリティ・パスの追加発行が可能です。

本会員、家族会員ともにプライオリティ・パスを発行することで、スタンダード会員(通常年会費99米ドル)資格が付与されるほか、年2回(1回につき32米ドル)無料でVIPラウンジを利用できます。

手荷物配送

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには、海外旅行の際、自宅から空港へ(往路)、空港から自宅へ(復路)、スーツケース1個を無料で配送してくれるサービスが付帯します。

同じアメックスでも、ANAアメックスカードは往路のみスーツケース配送が無料なので、この点はANA提携ではないプロパーのアメックスカードのほうがよりサービスが手厚くなっています

ANAアメックスはANAマイルを貯めやすいカード【一般カードにも家族特約が付帯】
ANAアメリカン・エキスプレス・カード(ANAアメックス一般カード)は、ANAマイルが貯まりやすく、ANA便を使うことのある人には便利なクレジットカードです。 ANAカードならではの特徴もありますが、まずはアメックスならではの特徴から...

手荷物配送無料サービスは国際線の利用が前提なので、以下の4つの空港が対象となります。

成田国際空港 中部国際空港 関西国際空港 羽田空港

ゴールド・ダイニング by 招待日和

ゴールドカードの年会費の元が取れるのか、判断する際の大きな材料となりやすいのがこの「ゴールド・ダイニング by 招待日和」ではないでしょうか。

ゴールド・ダイニング by 招待日和は、国内外約200店のレストランにおいて、所定のコースメニューを2名様以上で予約した場合に、1名分が無料になるサービスです。

1人あたり1万円以上するコース料理が多いことから、年に2、3回このサービスを利用する機会があれば、アメックスゴールドの年会費は無いに等しいことになります。

じょな
じょな

同じ店舗は半年に1回の頻度でしか利用できないこと、飲み物の料金は含まれていないこと、家族カードではなく本会員カードのみが対象であることなど、利用にあたってはいくつかの注意点はあります。うまく使いこなせれば、かなりお得な付帯サービスであることは確かです。

アメックスゴールドのポイント制度と還元率

アメリカン・エキスプレスのポイント制度は「メンバーシップ・リワード」という名称ですが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは基本的に100円につき1ポイントたまるので、還元率1%になります。(一部、用途によっては対象外や還元率の低くなるもの、逆に特約店として2%還元んされるものもあります)

貯まったポイントと商品を交換したり、カードの支払いや年会費に充当することもできます。ただし、そのまま年会費に充ててしまうと1ポイントが0.3円程度の価値となるため、便利ではありますがそれほどお得な使い方ではありません。

ポイントの有効期限は最大3年ですが、一度でもポイントを何かに利用するか、またはメンバーシップ・リワード・プラスというポイントをよりお得に利用できるオプションサービス(有料)に加入することで、期限無制限で貯めることができるようになります。

じょな
じょな

最終的に航空会社のマイルへ移行することを前提にクレジットカードのポイントを貯める人は、自分の好きなペースで、好きなタイミングで、ポイントをマイルへ移行できるアメックスの仕組みは、かなりメリットを感じるのではないでしょうか。

メンバーシップ・リワード・プラス

アメックスで貯めたポイントを、よりお得に使うための制度が「メンバーシップ・リワード・プラス」です。

年会費が別途3,000円かかりますが、たとえばポイントをマイルに交換する場合、このオプションサービスに加入していないと2ポイントで1マイル(ANAマイルの場合)ですが、加入後は1ポイントをそのまま1マイルに交換することができるようになります。

メンバーシップ・リワード・プラスは加入後の2年目移行は自動更新なので、数年に1度のペースでポイントをマイルに交換する場合、そのまま加入を継続しているよりも交換する年だけ入り直すほうが維持費を抑えることができます。

じょな
じょな

ただし、以下のボーナスポイントプログラムを継続的に利用するほうがお得なケースでは、その前提となるメンバーシップ・リワード・プラスも継続加入しておく必要があります

ボーナスポイントプログラム

メンバーシップ・リワード・プラスに加入した上でボーナスポイントプログラムにも登録すると(こちらはメンバーシップ・リワード・プラスと異なり年会費等は発生しません)、対象店舗・サービスで加算されるポイントが3倍になります。

日常的にあまり使わないサービスのポイントが3倍になっても、結局活用することが難しくて画餅になってしまいますが、アメックスのボーナスポイントプログラムには以下のように日常で使いやすいサービスが含まれているため検討の価値が大いにあります。

じょな
じょな

というよりも、参加費無料なのでメンバーシップ・リワード・プラスに加入している人は、ボーナスポイントプログラムに必ず登録しておくべきですよね。

  • Amazon
  • Yahoo!ショッピング
  • JAL公式ウェブサイト
  • iTunes Store、App Store等
  • H.I.S.公式サイトからの海外旅行等
  • アメリカン・エキスプレス トラベルオンライン

それぞれ、対象となる使い方に一部条件が付きますが、Amazonなどは日用品の購入にも利用しやすいので、年間利用額が大きい場合(あるいは今後Amazonの利用頻度を高くできる見込みのある場合)、アメリカン・エキスプレスにメンバーシップ・リワード・プラスを追加して、さらにボーナスポイントプログラムに登録することで思った以上のポイント還元を受けることが可能です。

【アメックス】ボーナスポイントプログラムの登録でポイント還元率が3倍にアップ
2018年9月から、アメリカン・エキスプレス・カード(American Express)では「ボーナスポイントプログラム」という、無料で利用できるかなりお得なサービスが新たに始まりました。 通常、アメックスのポイントは100円で1ポイ...
じょな
じょな

ポイント還元率としては秀でた印象の薄かったアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードですが、このボーナスポイントプログラムの登録によって、高還元率カード的に使い回すこともできるようになりましたよね。

ビジネスカードのポイントとの統合

もしアメックスのビジネスカードも持っているなら、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで貯めたポイントは、ビジネスカードと統合させることで一元管理できるようになります。

仮に統合しないで個人用のカードとビジネスカード双方からANAマイルにポイントを移行する場合、両方のメンバーシップ・リワード・プラスに加入して両方のメンバーシップ・リワードANAコースに加入しなければならず、各8,000円+税×2枚分の年間参加費が必要となってしまいます。

この点、ポイントを統合しておけば、一方のカードにポイントが集まるためメンバーシップ・リワード・プラスやメンバーシップ・リワードANAコースの年間参加費はカード1枚分のみで事足ります。

どちらのカードにポイントが統合されるか、どちらのメンバーシップ・リワード・プラス年間参加費が発生するかは、個人用カードとビジネスカード、それぞれの優先度(これはアメックス側で設定されている)によって変わります。

個人用のカードとビジネスカード、双方がゴールドの場合は、原則的に個人用のカードが優先度が高いためそちらにポイントや年間参加費が統合されるかたちになります(ビジネスカードの年間参加費を経費として支払っていた場合、それが個人用カードに移行してしまうデメリットはあるかもしれません)。

Apple Pay

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードをApple Pay対応のiPhoneに登録すれば、電子マネーQUICPayとして使うことができます。

ブランドがアメックスだと、決済に対応していない商業施設やサービスがどうしても一部出てきますが、アメックス未対応でもQUICPayには対応している場合もあるため、Apple Pay等にも登録しておくことで利用できる場面が広がります。

じょな
じょな

あとなにより、カードをわざわざカバンや財布から出さずとも、手元のスマートフォンで決済できてしまうのは楽ですよね。

ただ、アメックスをApple Payに登録してのQUICPay決済では、利用明細に「クイックペイプラス」とだけしか記載されないため、どこの何という店舗(コンビニ)で使った明細なのか、瞬時に思い出せない点は短所です。

コンビニの場合、ローソンでは次に挙げるコンタクトレス決済に対応しているので、後日の利用明細の確認まで考慮に入れるなら、QUICPayではなくコンタクトレス決済で使うほうがよいかもしれません。

コンタクトレス決済

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのように、カード券面にWi-Fiのようなマークが付いているカードは、カード読み取り機に差したり通したりする必要なく、かざすだけで決済を完了できる「コンタクトレス決済」が使えます。

コンビニではローソンがこのコンタクトレス決済に対応していますが、店員に渡すことなく、またカード読み取り機に差すことなく、Suicaなど交通機関の電子マネーのようにレジ横の端末にかざすだけで支払が完了するのは、非常に便利かつ安心です。

ただ、このコンタクトレス決済は対応している商業施設等でも、店員さんが慣れていないことがほとんどで、実際に使ってみると戸惑われることも多いです。

じょな
じょな

「クレジットカードで」と支払方法を告げているのに、カード差し込み口ではなくその上にかざす行為は、確かに「そこじゃない!」って思いますよね。

カードのデザイン

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのデザインは、店頭で使うにはちょっと主張が強すぎるかなという気もしますが、これはアメックスのゴールドカードがそれなりに知名度が高いので、無意識的にそう思ってしまっている面もありそうです。

これこそがアメックスというデザインなので、これはこれで良いのですが、正直コンビニ等の少額決済では気軽に使うのを躊躇してしまうことも。

じょな
じょな

アメックスなら、いっそプラチナのほうがカード券面的には目立たないかも?(年会費が10万近く跳ね上がりますが)

逆にいえば、ゴールドのクレジットカードにはそれなりの存在感が欲しいという人なら、アメックスこそ一番の検討候補に挙げられるのではないでしょうか。

旅行保険

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの旅行保険については、海外だけでなく国内の補償も付帯サービスとして含まれています(以下の金額はすべて最高額の場合です)。

海外旅行保険

死亡・後遺障害 1億円(自動付帯5,000万円、利用付帯5,000万円)
傷害治療 300万円(自動付帯の場合200万円)
疾病治療 300万円(自動付帯の場合200万円)
賠償責任 4,000万円
携行品損害 50万円(1旅行中)※年間100万円限度
※免責3,000円
救援者費用 400万円(自動付帯の場合300万円)
家族特約 あり
じょな
じょな

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの家族特約は比較的手厚い補償なので、家族で海外へ旅行する際には安心感がありますね。

家族特約による補償の最高額

死亡・後遺障害 1,000万円
傷害治療 200万円
疾病治療 200万円
賠償責任 4,000万円
携行品損害 50万円(1旅行中)※年間100万円限度
※免責3,000円
救援者費用 300万円
クレジットカードに付帯する海外旅行保険の活用
クレジットカードには、決済手段という面だけでなく旅行保険という面も併せ持っているカードが多くあります。その中でも、海外旅行保険は万が一の場合に補償される最高額が高額となることから、クレジットカードのキャンペーンでも大きく取り扱われることのあ...

国内旅行保険

国内旅行保険は海外旅行保険と異なり、利用付帯(カードを使って旅費等を決済する)が原則となっています。また、海外旅行では存在した家族特約は、国内旅行ではありません。

死亡・後遺障害 5,000万円

国内旅行での傷害・疾病は健康保険でカバーされるため、あまり大きな問題にはなりにくいです。そのため、必要なら旅行の都度、保険に加入しておくか、クレジットカードの保険でもカバーしておきたい場合には自動付帯のカードを1つ作っておくことになります。

クレジットカードの国内旅行傷害保険の内容と適用される主なケース
クレジットカードに付帯する保険として、もっとも目立つ存在なのが海外旅行傷害保険で、逆にかなり地味なのが国内旅行傷害保険です。 自分のカードには付いているのかいないのか。付いているとして、どのような条件でいくら補償されるのか。あまり意識...

ショッピング・プロテクション(動産総合保険)

クレジットカードで購入した商品が、一定期間内に破損してしまったり、盗難にあってしまったとき、その購入額を補償してくれるのがショッピング保険です。

アメリカン・エキスプレスではこの動産総合保険のことをショッピング・プロテクションと呼んでいますが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは年間500万円まで、自己負担10,000円で損害が補償されます。

アメックスゴールド
ショッピング・プロテクション 500万円まで / 年間
対象 国内・海外
期間 90日
自己負担 10,000円

どんな物品の破損・盗難が保険の対象となるかは各クレジットカードによって異なりますが、アメリカン・エキスプレス・カードは対象物品が比較的広いのがメリットです。

クレジットカードのショッピング保険(動産総合保険)の内容と比較
クレジットカードに付帯する保険としては、旅行傷害保険と並びよく話題に上がるのが「ショッピング保険(動産総合保険)」です。保険なので、使わざるをえない状況に陥った人は使うし、そうじゃない人は全く使わない付帯サービスですが、適用条件や補償内容は...

オンラインサービスとアプリ

アメックスのオンラインサービスは少し前にリニューアルしましたが、利用明細など最低限の情報を確認することは比較的楽でも、それ以外のオプションサービスやキャンペーン等を確認するのは意外と手間で分かりにくい作りになっています。

たとえばアメックスのポイント制度であるメンバーシップ・リワードをアップグレードする「メンバーシップ・リワード・プラス」に申し込もうとして、メニューから「プラス」を選択しても、すぐ申込み画面に進むわけではありません。

また、メンバーシップ・リワード・プラスをさらにお得に使うためのボーナスポイントプログラムについても、登録しようとしてもメニューからなかなか見つからずに迷うこともありそうです。

じょな
じょな

この辺のインターフェイスの(というよりもサイト構造の)煩雑さについては、今後より見やすく、分かりやすく改良されていけばいいなといった感想です。

アメックスのアプリについては、日々の利用履歴程度なら迷わずすぐ確認できます。(それ以上のことをアプリ上で行おうとすると、途端に分かりにくくなるのはPC版のオンラインサービスと類似していますが……)

カスタマーサービスの電話応対

これは前にも別のアメックス系カードの記事で触れましたが、アメックスってシステムがきっちり決まっていてオンライン上で何でも手続きできるというよりも、「何かあったときは電話で相談してくださいね」的なスタンスの強いクレジットカード会社ですよね。

じょな
じょな

なので、「電話はかかってくるのもかけるのも嫌!」という人だと、そもそもアメックスとは相性悪いかも……。

そもそも利用限度額からして明示されているわけではないので、比較的高額な商品を購入するときとか、電話でその可否を確認しなければ判断できないこともありますし。

そして上で触れたように、オンラインサービスのページ構造が結構独特で分かりにくい作りなので、オンラインでできることも電話1本かけるほうが断然早く解決することもあります。

時代の流れに逆行しているようで、この点はこれでいいのか?と思わなくもありませんが、アメックスは人と人とのコミュニケーションを重要視している企業風土があるのかもしれません。

ということで、アメックスを利用すると、他のカードを利用する場合よりも格段に「窓口に電話をする」頻度が高くなります。

この点、アメックスのカスタマーサービスの応対は非常に丁寧かつ柔らかな応対で説明内容も分かりやすいことが多く、また電話をかけてから待たされる時間も短め(というかほぼ無い)時間帯が多いので、使っていく上でのストレスはほとんどありません。

アメックス利用者限定のイベントに参加できる

アメリカン・エキスプレスでは、カード利用者が参加できるイベントを毎年いくつか開催しています。(たとえば、清水寺の夜間拝観イベントや、横浜での花火観賞イベント等)

このイベントに参加しやすい地域に住んでいれば、アメックスの限定イベントは比較的大きなメリットになります。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのデメリット

アメックスが使えない商業施設・サービスがある

既に特徴として上で触れましたが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの国際ブランドは名称の通り「アメックス」です。日本国内ではJCBと提携していることから、以前よりも利用できる商業施設・サービスが増えましたが、それでもまだアメックス未対応で決済に使えない商業施設・サービスも存在します。

割合的にどのくらいの商業施設・サービスが使えないかは、利用する人の居住環境によっても大きく違ってくる部分ですが、VISAやMasterなら決済できるのにアメックスだと決済できない経験(結局VISAかMasterで決済した経験)を何度かしてしまうと、「アメックスだけ使えなかった」という印象が強まってしまいます。

日本国内では、それ以前にクレジットカード自体が使えない商業施設・店舗等もまだ多いのが現状ですが、クレジットカードが使える場所で、よりアメックスでの決済が可能になって欲しいところです。

ポイント制度とマイルへ移行する制度が煩雑

アメックスのポイント制度であるメンバーシップ・リワードは、そのまま貯めるよりも、年会費3,000円+税のメンバーシップ・リワード・プラスに加入することで、よりお得に活用することができます。

問題は、このメンバーシップ・リワード・プラスへの加入方法やボーナスポイントプログラムへの加入方法が、アメックスのオンラインサービスから一見して分かりにくい点です。

この点は既に一度言及しましたが、メンバーシップ・リワード・プラスに加入しようと思っても、その方法がよくわからなかったり、あるいは存在自体に気づかない人もいるかもしれません。(ボーナスポイントプログラムはメンバーシップ・リワード・プラスに加入していることが条件なので、この二段階の仕組みも余計に分かりにい要因かもしれません)

さらに、メンバーシップ・リワード・プラスとボーナスポイントプログラムに加入してポイントを効率良く貯めている場合でも、貯まったポイントをANAのマイルに移行しようとすると、さらに有料のオプションとしてメンバーシップ・リワード ANAコース(年間参加費5,000円+税)にも加入しなければなりません

この辺のポイント周りについては、ゴールドカードなら元からすべて含めてしまうとか、より分かりやすい仕組みに改良してくれればより使いやすくなりそうです。

じょな
じょな

とはいえゴールドカードが一般化した今、より快適に利用できるカードとしてはプラチナカードのほうが優先されるのかもしれませんが……。

まとめ

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを、商品やサービスの決済手段としてのみ利用するなら、30,000円を超える年会費は無駄なコストになってしまいます。

これまでは旅行保険や手荷物配送、プライオリティ・パスなどの海外旅行に関する付帯サービスに比重があり、「海外旅行(特に北米)にはアメックス」といった印象を抱いている人も多いのではないでしょうか。ここに、最近追加されたボーナスポイントプログラムによって、使い方次第では高還元率カードとして活用できるメリットが加わりました。

特にAmazonやYahoo!ショッピングの年間利用額が大きい場合、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに決済を集中させて、それをANAマイルに移行することで高いマイル還元率を実現できます。

Amazonに特化したカードより、ANAカードより、もしかするとアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに決済を集中させるほうが(他の付帯サービスを含めて)お得にクレジットカードを運用できる可能性もあります

そのあたり、年会費に見合ったメリットを享受できるのか、初年度無料の期間を使って吟味してみるのもよいかもしれませんね。

公式サイト:アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード